全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

砥鹿神社で弓始祭

 豊川市一宮町の三河国一之宮・砥鹿神社(岩崎和夫宮司)で8日、新年の祭典「弓始祭」(ゆみはじめさい)が行われた。  社殿前で行われる奉射神事で、鯛(たい)が掛けられた鯨幕に、上下に「鬼」に似た字が書かれた的をつるし、約20㍍の距離から黒い榊の弓で放つ白羽の矢で射止めて邪気を振り払う。  神職や初詣客らが見守る中、今年は県弓道連盟蒲郡弓道会の錬士六段・大竹晃司さん(28)と、同連盟田原弓道会の四段・森下徹さん(69)が交互に2本ずつ矢を放ち、大竹さんが1本を的に当てた。  弓の反動が強く、矢を放った際に手放してしまった大竹さんは「緊張はすることなく臨めた。今年はいろいろと多岐にわたって活躍できれば」と意気込み、森下さんも「世界情勢が大変なことになってきたけど、災害も戦争のない世の中になれば」と願った。  社殿と八幡宮には、紅白の算木餅が松竹梅の枝と共に供えられ、多くの人が参拝していた。

関連記事

長野日報社

御神渡り出現せず明けの海 八剱神社で注進奉告祭

諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で22日、今季の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。令和最初の今冬...

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク