全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

蒲郡で「せとか」収穫選果始まる

 香と甘みがある柑橘(かんきつ)果物「せとか」の収穫、選果が6日、蒲郡市内で始まった。JA蒲郡市は「豊富な果汁と香りを楽しめる高級果実。今年も良い出来栄えとなりました」と話している。  せとかは「清見」「アンコール」「マーコット」という3種類の柑橘類をかけあわせたソフトボールと同じ大きさになる品種。種なしで内袋ごと食べられ、甘みもたっぷりとなっている。高いものでは1箱(3㌔)5000円以上で販売されるという。  同農協管内では2004(平成16)年産から出荷が始まった。08年に産地化品種に指定され、今季は46人が5・7㌶で栽培している。木にトゲが生えるため、栽培時は実に傷がつかないよう摘果するほか、収穫も慎重に行われる。農家の手間がかかった果実となる。  生産者の小田和可さん(46)=同市五井町=は「皮がむきやすく、ジューシーでおいしい品種です」と話す。  同市神ノ郷町の総合集出荷場ではパート女性ら8人が選果。形や傷などをチェックし、専用の箱に1個ずつ手で並べた。  9日から販売。中京・京浜地区を中心に2月下旬まで出荷。今季の出荷量は132㌧を見込むという。

関連記事

道内チーズ 今年も集結 藤丸で17日までフェア

 道内の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2021」が14日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。会場は初日からチーズや牛乳などを買い求める人でにぎわっている。17日まで。 ...

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく 新得・音更

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰...

帯広畜大酒蔵「碧雲蔵」が日本酒の福袋販売

 帯広畜産大内に今春開設された酒蔵「碧雲蔵」(帯広市稲田町西2線)で醸造した日本酒の福袋が、来月2日から数量限定で販売される=写真。  酒蔵は上川大雪酒造(上川管内上川町)などが建設した。...

紀伊民報社

かさかぶったイチゴ大福 農家と和菓子店が開発

 「農産物加工品研究所中野農園」(和歌山県田辺市学園)と和菓子店「菓匠二宮」(同市下屋敷町)は、熊野古道を歩く平安時代の姫をイメージしたイチゴ大福「熊野詣」を開発した。熊野古道をPRするのが狙い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク