全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川稲荷大鏡餅お供え

 正月に備え、豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)で28日、大鏡餅(かがみもち)のお供えが行われた。従業員ら約30人が調理場の典座(てんぞ)寮から餅を運び出し、トラックで本殿へ移動。祈とうが行われる施主殿に二段重ねの巨大な鏡餅が8基並べられた。  直径90㌢と最も大きい「三俵取り」と呼ばれる餅は、重さが二段重ねで約180㌔。今年は中央に6組並べられ、両端にはやや小さい二俵取りが1組ずつ置かれた。かつては大人が複数人で抱えて移動させたが、近年は木製の台に乗せてかつぎ上げる。  商売繁盛に縁起がよく、市内外の企業や個人から奉納される。今年も25、26日の2日間かけて餅がつかれ、本殿内陣や奥の院など境内100カ所近くに小さなサイズの鏡餅も置かれる。調理場責任者の松川愛子さん(72)は「令和最初の正月なので、皆さんの願いがかなえば」と話した。  来年1月10日まで供えられる予定で、鏡餅は一口サイズの切り餅にして豊川、新城市内の福祉施設に贈られる。

関連記事

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

長野日報社

スケート滑って健康づくり 大人対象に教室

岡谷市内山のやまびこ国際スケートセンターで11日、大人を対象にした初のスケート教室が行われた。市内外から20~80歳代の男女23人が参加。久しぶりにスケート靴を履いたという参加者が多く、同センタ...

「渥美半島を彩る菜の花まつり」開幕

 ひと足早い春の訪れを告げる「渥美半島菜の花まつり2020」(渥美半島観光ビューロー主催)が11日、田原市で開幕した。3月31日までの期間中は、伊良湖地区や国道沿いなどで菜の花畑が見られ、イベン...

長野日報社

雪の上のユニバーサル デュアルスキーの体験会

信州綜合開発観光は9日、信州大学との共同で、パイロットがサポートする障がい者用チェアスキー「デュアルスキー」の体験会を、同社運営の車山高原スカイパークリゾートスキー場で開いた。スキー場スタッフら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク