全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

15の春で食事づくり体験 島を旅立つ中学3年生11人 与那国

生活改善推進員(左)の指導で食材の下ごしらえをする生徒ら=町保健センター厨房

 【与那国】沖縄本島や石垣などへ高校進学のため親元を離れる中学3年生を対象にした「15の春食育教室」(町長寿福祉課主催)がこのほど、町保健センターで開かれ、管理栄養士や食生活改善推進員らの指導で与那国中7人、久部良中4人の生徒11人が受験勉強の合間に食事づくりを実習体験した。

 島外への進学で、学生寮か自炊のどちらを選択するにしても自身で食事がつくれるようにと同課が開いた。

 教室では「ドゥヌハイムヌヤ・ドゥヌドゥシクルン」(自分の食事は自分でつくる)をテーマに、生徒らは砂糖、塩、酢など基本の調味料を覚え、保護者と共に島の食材を使ったジューシーや汁物、クシティの入ったかき揚げなどデザートを含めた5品の作り方を学んだ。

 生徒らは慣れない調理器具や包丁などを手に奮闘。ほとんどの生徒が家庭での調理体験がない中、料理を完成させた。親の心配をよそに生徒が互いに褒め合う場面も見られた。

 ピーラーを使っての皮むきが苦手という与那国中の男子生徒は「包丁を使うのが苦手。でもおろし金を使ったシリシリはおもしろい。自信が持てた」と話した。

 久部良中の女子生徒は「危ないからと、家では調理器具を触らせてくれないから」と笑顔で実習を楽しんだ。食事の支度を手伝っているという男子生徒は包丁さばきや食材の扱い方が身に付いており、うらやましがられた。

 保護者は「見よう見まねでその内覚えるよ」と話すが内心気掛かりの様子だった。試食会では管理栄養士と推進員が自炊の良さや郷土料理の食材、食事のマナーについて話した。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

更別の農家 松橋さん聖火ランナーに 「子どもに夢と希望を」

 松橋農場(更別村上更別)代表の松橋泰尋さん(36)が、2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。6月14日に道内を走る。持続可能な循環型農業の実現を見据え、農業や飲食店経営に精を出す松橋さ...

第7回全国海洋教育サミット 船浦中と古見小が発表 自然の大切さやごみゼロ..

 【東京】第7回全国海洋教育サミットー気候変動と海洋リテラシーー(主催・東京大学大学院教育学研究科付属海洋教育センター、日本財団法人)が15日、東京大学本郷キャンパスで行われた。海洋教育に取り組...

長野日報社

「寒天の日」にぎわう 茅野でPRイベント

 県寒天水産加工業協同組合と茅野商工会議所は15日、「寒天の日」(16日)に合わせた寒天PRイベントを、茅野市の茅野市民館イベントスペースで開いた。生天(ところてん)の無料配布や寒天入り豚汁の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク