全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内スマートテロワール 生産されたジャガイモ学校給食に

 鶴岡市を中心に地域で特色ある食料自給圏の形成を目指す「庄内スマート・テロワール(庄内自給圏)」事業で生産されたジャガイモを使った学校給食が今月の限定日、同市内の小中学校37校で実施される。10日は11校で行われ、広瀬小学校(成澤和則校長、児童183人)では5年生26人と地元生産者らが一緒に給食を食べ、交流した。

 今年6月に設立した庄内スマート・テロワール推進協議会(会長・林田光祐山形大農学部長)が同事業をPRするとともに、子どもたちに地元の農業に理解を深めてもらおうと初めて実施。18日までの4日間に、同市内の給食センターごとに1日ずつ提供される。

 広瀬小には、同事業の協力農家で月山高原エリアで野菜類を栽培している叶野幸喜さん(39)=鶴岡市東堀越、高田庄平さん(36)=同市羽黒町手向=の2人と、山大農学部食料生命環境学科の中坪あゆみ助教らが同校を訪れた。

 庄内スマート・テロワールは、コメ消費が減少している中、休耕田などを活用し、庄内地域で自給できていないジャガイモ、小麦、大豆、飼料用トウモロコシの転作による食料生産や耕畜連携、地産地消などによる食料自給圏を目指している。そうした事業について中坪助教が紹介。庄内には休耕田や耕作放棄地が東京ドーム約300個分あることや、規格外の野菜も無駄なく加工品や畜産飼料に活用し、肥料は畑にと、地域循環型の取り組みを分かりやすく説明した。叶野さんは「ジャガイモは日本には300種、私は6種ほど作っている」と話し、自身のジャガイモ畑の様子を動画で紹介した。

 給食のメーンメニューは叶野さんが栽培したジャガイモ「さやか」と鶴岡産豚肉を使った肉じゃが。佐藤一矢君(11)は「大きな機械を使ってジャガイモが収穫されていることを知った。作っている人と一緒に食べることができてうれしい」と、おいしそうに肉じゃがを食べていた。月山高原エリアで農業体験イベントも行っている高田さんは「地産地消を進めるには学校給食が一番。子どもや親世代に地元の農業へ興味を持ってもらえるような活動を継続していきたい」と話した。

 同協議会によると、鶴岡市内の学校給食で使われる地元産ジャガイモは全体の4分の1ほどという。

スマート・テロワール事業で生産されたジャガイモを使った給食を生産者と一緒に味わった=10日、広瀬小

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク