全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演 幕別

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテーマに、映画監督の夢をかなえるまでの道のりや映画製作への思いを語った。

映画製作への思いを語り、子どもたちにメッセージを送った八鍬さん

 今年度の町PTA研究大会(町PTA連合会主催)の講演で、約170人が来場した。

 八鍬さんは帯広第八中、帯広柏葉高、日本大学芸術学部卒。2005年にシンエイ動画に入社、映画ドラえもんはこれまで3作で監督を務めている。

 八鍬さんは映画好きの父親の影響で小学1年生で映画監督の夢を持ったことや、中学でバレーボールに打ち込み、高校では学校を辞めようと考えるほどバンドに夢中になったエピソードを紹介した。

 自身の経験を踏まえ、「子どもたちには『夢を諦めても、捨てる必要はない』ということは言える。映画監督になる夢を忘れていたこともあったが“ポケット”にはあった」と振り返った。また、「頑張っていれば必ず誰かは見ている。努力してもうまくいかないことはあるが、周りから信頼を得ることの方が大切」と強調した。

 自身が手掛けたドラえもん作品を紹介しながら製作秘話も披露。「忙しかったり自分の意見が通らないとアニメーションを作るのが嫌になることもあるが、誰に届くのかを考えると気持ちを持ち直せる」とし、「とにかく愛のある映画を作っていきたい。いじめや虐待のニュースを見るたび、何かしら自分にできることはないかと考えている」と作品への思いを語った。

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク