全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「むかわ竜は9歳の大人」研究者が解説 子ども化石くらぶ公開講演

子どもたちに骨の化石の断面を見せながら説明する千葉助教(後方右)

 むかわ町子ども化石くらぶ「ハドロキッズチーム」の公開講演が8日、同町穂別町民センターで開かれた。国内最前線の恐竜研究者として知られる北大総合博物館の小林快次教授と、岡山理科大学生物地球学部の千葉謙太郎助教がハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)をテーマに講演を行った。

 ハドロキッズチームは未来の古生物学者を育てようと、町と町教育委員会が主催して昨年から始まった事業。今年度は町内外の小学2~6年生の46人が参加し、これまで室内外の学習や化石採集・クリーニングなどを行ってきた。

 小林教授は、研究成果から分かっているむかわ竜の特徴や、学名として「カムイサウルス・ジャポニクス」の名前が付いた由来などを紹介。千葉助教は恐竜の年齢について、「1980年代は100~200年生きていたと考えられていたが、90年代から最近の研究では、骨の成長輪が木の年輪と同じように、1年ごとに記録されていると考えられる」と説明。これらを踏まえてむかわ竜の骨の断面から「9歳まで生きていた」「大人の恐竜だった」と図解しながら話した。

 道教育大札幌小学校2年の上田翔也君(8)は「切った部分が木の(年輪の)形のようになっていると分かり、楽しかった」と話していた。

関連記事

長野日報社

清流で寒晒そば仕込み 高遠そば組合

 伊那市の高遠そば組合は20日、江戸時代に高遠藩が将軍家に献上した寒晒そばの仕込み作業を同市長谷の粟沢川で行い、地元産の玄ソバを入れた網袋を清流に浸した。大寒から仕込み、立春の2月4日に揚げて...

寒さなんかに負けないぞ

仔羊幼稚園児が裸で元気いっぱい  1年で最も寒いという「大寒」の20日、豊橋市岩田町の仔羊幼稚園(上里龍生園長、園児150人)では、園児たちが寒さに負けず元気いっぱい、上半身裸で1日を過ご...

伝統野菜アッタドコネが人気 奄美市でティダの環市

 第19回奄美ティダの環市が19日、鹿児島県奄美市名瀬のティダ館前であり、新鮮野菜や総菜などが販売された。旬のアッタドコネ(有良ダイコン)目当てに多くの人が訪れ、130本用意した商品は開始10分...

紀伊民報社

大露天風呂で熱闘 川湯温泉でかるた大会

 和歌山県田辺市本宮町川湯の大露天風呂「仙人風呂」で19日、第19回「新春!仙人風呂かるた大会」(主催=熊野本宮観光協会、仙人風呂実行委員会)があった。20チーム(1チーム4人)が参加し、湯の中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク