全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

串本でサッカー教室 現役選手らが技術指導

POKDのメンバーと対戦する小学生(串本町サンゴ台で)

 海外で活躍する選手や元Jリーガーが小学生に指導するサッカー教室が7日、和歌山県串本町サンゴ台のサン・ナンタンランド雨天練習場であった。

 阪南大学(大阪府松原市)のサッカー部OBでつくる「POKD(Power Of Keep Dreaming)」主催、町教育委員会後援。毎年の取り組みで、今年で3回目。POKDは現役やかつてのJリーガーも在籍しており、代表は串本町潮岬出身の尾花和人さん(38)。
 レベルの高い講師陣による教室を通して町のサッカーを盛り上げ、Jリーガー輩出や地域の活性化、スポーツ振興につなげていく目的で開かれている。
 今回は尾花さんのほか、元Jリーガーの吉川健太さんや金大さん、海外のチームで活躍する村山拓哉さんが指導した。
 午前中には小学1~3年生の教室があり、地元の少年チームである串本JFCや古座サッカー少年団などから児童約30人が参加した。
 参加者は講師からのアドバイスで、周りを意識しながら人のいない所にボールを蹴っていくドリブルの練習、相手のディフェンスをかわす練習、シュートの練習などをした。最後に小学生と講師のチームで試合をした。
 串本JFCに所属する大島小学校2年の冨田力斗君(7)は「キーパーとして、ボールをうまく止める技を教えてもらった。試合は楽しかった」と話した。
 尾花さんは「串本町で現役の選手らと触れ合える機会をつくりたいと開いている。子どもたちにはサッカーを長く続けてほしいので、まず楽しさを分かってほしいと思う。講師として協力してくれる人も年々増えており、規模を大きくしていければ」と語った。
 午後には小学4~6年生の教室があった。

関連記事

サトウキビを収穫 収益は児童の活動費に 大原小学校

 【西表】大原小学校(宮良貞光校長)はこのほど、児童、教職員、家族、地域の人々が参加して同校のサトウキビ畑で収穫作業を行い、約265㌧を収穫した。子どもたちは雨の中、雨具姿で頑張った。  1~...

長野日報社

清流で寒晒そば仕込み 高遠そば組合

 伊那市の高遠そば組合は20日、江戸時代に高遠藩が将軍家に献上した寒晒そばの仕込み作業を同市長谷の粟沢川で行い、地元産の玄ソバを入れた網袋を清流に浸した。大寒から仕込み、立春の2月4日に揚げて...

寒さなんかに負けないぞ

仔羊幼稚園児が裸で元気いっぱい  1年で最も寒いという「大寒」の20日、豊橋市岩田町の仔羊幼稚園(上里龍生園長、園児150人)では、園児たちが寒さに負けず元気いっぱい、上半身裸で1日を過ご...

伝統野菜アッタドコネが人気 奄美市でティダの環市

 第19回奄美ティダの環市が19日、鹿児島県奄美市名瀬のティダ館前であり、新鮮野菜や総菜などが販売された。旬のアッタドコネ(有良ダイコン)目当てに多くの人が訪れ、130本用意した商品は開始10分...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク