全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

串本でサッカー教室 現役選手らが技術指導

POKDのメンバーと対戦する小学生(串本町サンゴ台で)

 海外で活躍する選手や元Jリーガーが小学生に指導するサッカー教室が7日、和歌山県串本町サンゴ台のサン・ナンタンランド雨天練習場であった。

 阪南大学(大阪府松原市)のサッカー部OBでつくる「POKD(Power Of Keep Dreaming)」主催、町教育委員会後援。毎年の取り組みで、今年で3回目。POKDは現役やかつてのJリーガーも在籍しており、代表は串本町潮岬出身の尾花和人さん(38)。
 レベルの高い講師陣による教室を通して町のサッカーを盛り上げ、Jリーガー輩出や地域の活性化、スポーツ振興につなげていく目的で開かれている。
 今回は尾花さんのほか、元Jリーガーの吉川健太さんや金大さん、海外のチームで活躍する村山拓哉さんが指導した。
 午前中には小学1~3年生の教室があり、地元の少年チームである串本JFCや古座サッカー少年団などから児童約30人が参加した。
 参加者は講師からのアドバイスで、周りを意識しながら人のいない所にボールを蹴っていくドリブルの練習、相手のディフェンスをかわす練習、シュートの練習などをした。最後に小学生と講師のチームで試合をした。
 串本JFCに所属する大島小学校2年の冨田力斗君(7)は「キーパーとして、ボールをうまく止める技を教えてもらった。試合は楽しかった」と話した。
 尾花さんは「串本町で現役の選手らと触れ合える機会をつくりたいと開いている。子どもたちにはサッカーを長く続けてほしいので、まず楽しさを分かってほしいと思う。講師として協力してくれる人も年々増えており、規模を大きくしていければ」と語った。
 午後には小学4~6年生の教室があった。

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク