全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大自然ゆったり満喫 石垣島ライドに303人

グレートアース石垣島ライドが行われ、300人余のサイクリストが石垣島の自然を満喫した=8日午前、名蔵大橋

 グレートアース石垣島ライド2019(同実行委員会主催)が8日、石垣市新川の舟蔵児童公園を発着点に行われ、100㌔と55㌔の2部門に島内外から303人が参加、自転車を走らせながら石垣島の大自然を満喫した。

 午前7時45分からスタート会場でセレモニーが行われ、中山義隆市長がサイクリストを歓迎。「風景を感じて楽しいライドを」と呼び掛けた。前日の荒天から一転し、この日の天気は晴れ。気温も20度前後のサイクリング日和となった。

 午前8時に100㌔の部、同8時30分に55㌔の部がスタート。参加者は自分のペースでペダルを踏み、仲間たちと会話を楽しみながら石垣島の自然を満喫。小型カメラをヘルメットに装着して動画撮影したり、カメラで風景を撮影する姿も見られた。

 55㌔を完走した野口大さん(51)=兵庫県=は、これまで折り畳み自転車でレースに参加してきたが、ことしロードバイクを購入し初参加。「寒い時期にきれいな海が見られてよかった。動画を撮りまくった」と笑顔。同イベントについて「のんびり走れていいと思う。ショートは短く感じたので、次はロングに挑戦したい」と話した。

 海星小5年生でクラスメートの大塚ももさん(11)と玻座真悠世君(同)は、55㌔を走破し一緒にゴール。ロードバイク歴2年の大塚さんは「100㌔も行けると思う。景色が楽しめて、みんなと話もできて楽しい」と喜ぶ。

 プロレーサー新城幸也の動画や、アニメ『弱虫ペダル』を見て、ことし自転車競技を始めた玻座真君は週3回のペースで1日10㌔を走って練習。「初めて参加したが景色が最高。石垣島は良い所だと思った」と話した。

関連記事

紀伊民報社

大露天風呂で熱闘 川湯温泉でかるた大会

 和歌山県田辺市本宮町川湯の大露天風呂「仙人風呂」で19日、第19回「新春!仙人風呂かるた大会」(主催=熊野本宮観光協会、仙人風呂実行委員会)があった。20チーム(1チーム4人)が参加し、湯の中...

ラテアートにトークショー ミルク&チーズフェア 帯広・藤丸

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

豊橋で朝ドラ「エール」イベント

 昭和を代表する作曲家・古関裕而さん、豊橋市出身の妻・金子(きんこ)さんをモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」が今春放送されるのに合わせ、豊橋を盛り上げようと、豊橋商工会...

紀伊民報社

参加者の走りに笑顔 原口選手(阪神)企画の慈善ラン

 プロ野球・阪神タイガースの原口文仁選手(27)が大会実行委員長を務める慈善イベント「チャリティーランフェスティバル」が18日、和歌山県すさみ町周参見の町総合運動公園であった。参加者は1周約1キ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク