全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

年末年始に備え三河ハゼ甘露煮

 今年も年末年始に備え、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まった。  三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸気釜での炊き上げ、タレをかけてパックに詰める作業が、濃厚な味付けにするため3日間の工程で進められている。  一昨年から始めた抹茶製造に使う碾(てん)茶を用いた「お茶炊き製法」を導入し、魚特有の臭みを薄めた。砂糖に醤油、水あめを混ぜたタレも旨味を引き立てる。今年は7月下旬から入荷を始め、長雨の影響かサイズは例年より小ぶり。昨年の半数の約350㌔にとどまった。  ハゼの甘露煮はおせち料理に欠かせない一品で、泳ぎが速いことから「目標達成」にご利益があり、ハゼの顔が翁に似ていることで「長寿」にも縁起が良い。令和初の発売に、平松賢介代表取締役社長は「今年は小ぶりで骨も柔らかいので、お子さんも食べやすい。家族そろって食べて笑顔になってほしい」と期待する。  豊橋市梅薮町の直営店では三河産(75㌘)を税別500円で販売する。

関連記事

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...

ラテアートにトークショー ミルク&チーズフェア 帯広・藤丸

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

「甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高のあんパン 鈴木知事も絶賛

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア 帯広

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク