全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国際永久凍土学会が苫小牧大成小で凍結測定開始 卒業生・宮城大の原田准教授来校

土壌凍結の測定装置を設置する原田准教授(左)と児童たち

 苫小牧大成小学校(柴田知巳校長)で2日、理科の楽しさを伝えることを目的とした国際永久凍土学会の「土壌凍結測定プログラム」が始まった。同小の卒業生で、学会メンバーの原田鉱一郎宮城大准教授(52)が同校を訪れ、測定装置を同小敷地内に設置。4年生56人が来年3月まで、土壌が凍結する深さや期間などを定期的に測定する。胆振管内では初の取り組みとなる。

 同学会はアメリカ、ロシア、日本など寒冷地を抱える国の研究者1000人以上が所属。子どもの理科離れを防ぎ、将来の研究者を増やそうと小中学生を対象に測定プログラムを展開している。日本では2011年11月に道内の芦別、根室、釧路の3校で始まり、現時点で道内35校が行っている。

 測定は内径4ミリ、長さ2メートルのビニール管に青い着色料で色付けした水を注入。管は筒状の容器に入れて土中に埋め、定期的に取り出して凍った深さを目視で確認する。同小4年生は、氷の凍結など物質変化を学ぶ理科授業の一環で関わる。

 この日、原田准教授はプログラムが道内各地の35校をはじめ、アメリカやロシアなどの北極圏を中心に、500以上の学校で取り組まれていることを説明。「苫小牧は土が凍りやすいのでみんなで測ってほしい。世界中のデータと比べて使います」などと協力を呼び掛けた。

 学校の前庭と中庭で、ドリルを使って土に穴を開け、装置の約半分を土中に埋めた。今川翔君(10)と山本しずくさん(9)は「みんなと話をしながら毎日測りたい。世界とつながる実験ができてうれしい」と笑顔。原田准教授も「小さい頃から視野を広げてくれたら」と期待していた。

関連記事

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

長野日報社

山ぶどうワイン発売 信大農学部 オリジナル品種原料

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で11日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうワイン」の販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員ら...

しかけ絵本展

 豊橋市中央図書館1階児童室で、図書館クリスマス特別企画「開いてびっくり!しかけ絵本展」が開催中。小さな子から大人まで楽しめる、カラフルなしかけ絵本約40点を、華やかなクリスマスの飾りと共に並...

荘内日報社

酒田市琢成小 最新機器でデジタルアート体験

 酒田市の琢成小学校(上松由美子校長、児童167人)の4―6年生が10日、市総合文化センターで、郷土芸能の獅子舞などをモチーフにしたデジタルアート体験を行い、自作のお面をかぶり、スクリーン上の獅子を操るな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク