全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「訳ありカボチャ」スープに 士幌高生が開発

 「訳ありカボチャ」を教材に商品開発へ-。士幌高校(近江勉校長、生徒147人)に通う1~3年生の女子生徒15人が、町内の企業や生産者と協力し、カボチャの生産から流通、販売まで実践形式で学んでいる。

商品化に向けたマーケティングの手法を学ぶ「志Lab」の生徒。奥は山部さん

 カボチャは、町下居辺の菊地博明さん(68)が自宅近くの野菜農園で栽培、道の駅ピア21しほろなどで販売しているもの。ただ、今年はネズミにかじられて売り物にならず、困った末に同駅を運営するat LOCALの堀田悠希社長に相談。その結果、町内のまちづくり会社「Cheers(チアーズ)」の手も借り、商品価値の薄れたカボチャをスープにして売り出すことになった。

 同校にも協力要請があり、生徒たちにマーケティングに関する知識や技能を学んでほしいと学校側も快諾。意欲のある同校の農業女子が2月に立ち上げた「志Lab(ラボ)」が主体となってプロジェクトを進めることにし、10月から本格始動した。

 11月29日には同校でカボチャペーストの試作品の試食を兼ねた出前授業が行われ、同校の卒業生でもあるat LOCALに勤務する山部緋将さん(21)とチアーズに勤務する前多唯衣さん(20)、堀田社長らが講師として訪れたほか、菊地さんも駆け付けた。

 この日は「志Lab」に所属する1、2年生10人が参加。山部さんと前多さんの講義に耳を傾けた後、「いつ、どこで、誰に売るか」など5W1Hを意識しながら班ごとに「菊地さんを助けたいから」「飛行機の機内食としても提供したい」と思いを述べた。

 年内にまた出前授業を行い、商品のパッケージやラベルのデザインを作成するほか、カボチャのスープの味など詳細を詰めていく。最終的に来年3月までに商品を完成させ、道の駅などでゴールデンウイーク期間から販売に乗り出す見通しだ。

 生徒たちの奮闘に、菊地さんは「カボチャが無駄にならず本当によかった。完成したスープを早く飲んでみたい」と期待していた。

関連記事

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

長野日報社

山ぶどうワイン発売 信大農学部 オリジナル品種原料

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で11日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうワイン」の販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員ら...

しかけ絵本展

 豊橋市中央図書館1階児童室で、図書館クリスマス特別企画「開いてびっくり!しかけ絵本展」が開催中。小さな子から大人まで楽しめる、カラフルなしかけ絵本約40点を、華やかなクリスマスの飾りと共に並...

荘内日報社

酒田市琢成小 最新機器でデジタルアート体験

 酒田市の琢成小学校(上松由美子校長、児童167人)の4―6年生が10日、市総合文化センターで、郷土芸能の獅子舞などをモチーフにしたデジタルアート体験を行い、自作のお面をかぶり、スクリーン上の獅子を操るな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク