全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

吉田城の高石垣に強固な基礎

見つかった「掘り方」(左側)。右側が石垣=豊橋市内で

 豊橋市教育委員会文化財センターが吉田城址本丸西側で進めている堀の発掘調査で、城づくりの名人と言われる池田輝政が戦国時代の1590(天正18)年に築いた石垣の基礎が判明した。他に例のない工法で強固に造られ、城郭研究者は、当時、東海一の高さ(11・6メートル)を誇ったとされる「高石垣」を支えていたとみている。同センターは4日、現地説明会を開く。  現場は鉄櫓(くろがねやぐら)と市立豊城中学校の間にある堀で、鉄櫓西側にある石垣の基礎を調査している。石垣は、自然石をほとんど加工せずに積み上げた「野面(のづら)積み」。江戸時代の大地震の際も被害がなく、当時のまま現存する。  調査によると、基礎は、堀底をさらに一段深く掘り下げた「掘り方」を設け、その中に石を混ぜた土を詰めてたたき締めてあり、その跡が何層もあった。  城郭を研究している滋賀県立大学の中井均教授は「深く掘ってコンクリートのようにして石垣が前にせり出すのを防ぎ、崩れ落ちないようにしたのでしょう」と推測。豊川(とよがわ)近くに立地し、砂地の不安定な地盤と、内外に威信を示す高い石垣にすることに対応するため強固な基礎にする必要があったという。  「胴木」と呼ばれる木を置き、その上に石垣を積み上げるのが一般的な工法だが、今回のように胴木のない構造は知られていない。中井教授は「天正18年は、石垣の築き方に試行錯誤だった頃で、その時代の基礎構造が分かった事例として貴重。その頃の石垣が残っているのは基礎がしっかりしていたからではないか」と話している。  4日の現地説明会は午前10時からと午後2時から。調査員が、いずれも一時間半の間に随時説明する。豊橋公園の本丸広場に集合する。

関連記事

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。  石垣...

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク