全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の住宅街にクマ 帯小校庭で駆除

 1日午前1時50分ごろ、帯広市西16南31の住宅街で「路上をクマ1頭が歩いている」と、付近を車で走行中の男性から110番通報があった。帯広署が捜索し、午前3時50分ごろ、同市西12南17の民家敷地内で、午前6時55分には同市西8南5の帯広小学校周辺で同一の個体と思われるクマ1頭を発見した。クマは同校の校庭に逃げ込み、約4時間にわたり校庭の木に登ったままとなっていたが、同11時3分、猟友会の会員が猟銃を発砲し、クマは死亡した。クマによる人などへの被害はなかった。

 同署によると、クマの体長は約1.5メートル。専門家によると、若いクマとみられる。最初の目撃地点から、市内を流れるウツベツ川に沿って北上を続けたとみられている。同署の他、市を通じて連絡を受けた道猟友会帯広支部(月安謙治支部長)の会員らハンターも出動し、捜索に当たった。

 クマが駆除された帯広小学校周辺では、警察官による立ち入りの規制が行われ、一時騒然となった。

(映像は住民提供)

 帯広市教委は緊急時のメール配信システム「子供安全ネットワークシステム」で、午前6時46分にメールを配信。児童・生徒の外出は控え、部活動は保護者の送迎を義務付けた上で実施するなど配慮を求めた。クマが帯広小学校にいると特定されたことから、同9時41分にも再度知らせ、現場に近づかないよう注意した。

 市教委によると1日中にクマが駆除されたため、2日は学校は通常通り授業を行うという。

 帯広市によると、これまで市内でもクマの目撃情報はあったが、個体を発見したのは初めて。2017年12月には、つつじが丘小学校付近での目撃情報を受け、職員らが現場に出動したが発見には至らなかった。

関連記事

冬の石垣島、幻想的に 美ら島イルミネーション点灯

 クリスマスを2週間後に控えた11日夕、石垣市役所第2駐車場前で恒例の美ら島イルミネーションが点灯され、約1万球のLEDライトが石垣島の市街地を幻想的に彩った。実施期間は11日から3月末まで。時間...

長野日報社

山ぶどうワイン発売 信大農学部 オリジナル品種原料

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で11日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうワイン」の販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員ら...

しかけ絵本展

 豊橋市中央図書館1階児童室で、図書館クリスマス特別企画「開いてびっくり!しかけ絵本展」が開催中。小さな子から大人まで楽しめる、カラフルなしかけ絵本約40点を、華やかなクリスマスの飾りと共に並...

荘内日報社

酒田市琢成小 最新機器でデジタルアート体験

 酒田市の琢成小学校(上松由美子校長、児童167人)の4―6年生が10日、市総合文化センターで、郷土芸能の獅子舞などをモチーフにしたデジタルアート体験を行い、自作のお面をかぶり、スクリーン上の獅子を操るな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク