全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

季節ハタハタ求めて列

季節ハタハタの直売に大勢の消費者が詰め掛けた(八峰町の八森漁港で)

 八峰町沿岸で季節(沿岸)ハタハタ漁が本格化したことを受け、県漁協北部支所は30日、同町八森の八森漁港で直売を行った。町内外から大勢の消費者が訪れ、用意した3・5㌧が約2時間で完売した。同支所は今後の実施について「水揚げ状況を踏まえて検討する」としている。

 同支所管内の季節ハタハタ漁は、27日に約1・1㌧を水揚げ。11月中の初漁は平成28年以来3年ぶりで、昨季より11日早かった。28日は約1・3㌧、29日は約20㌧が水揚げされ、漁が本格化した。
 直売は、漁業者が漁協を通さずに販売する「系統外流通」をなくし、資源管理の前提となる漁獲量を正確に把握しようと28年から行っている。
 雄を中心に3㌔を500円で販売。雄・雌込みは箱入り(3㌔)を2500円で並べた。会場が設けられた同漁港の冷蔵施設前には、販売開始の午前9時前から約200人が列を成し、大きなビニール袋いっぱいに購入する人も見られた。
 五城目町の伊藤美智子さん(48)は、家族の分を含めて12㌔購入。「まとまった水揚げがあったと聞いて駆け付けた。母がハタハタずしを漬けようと準備して待っているので、早く届けてあげたい」と話した。
 同支所によると、当初販売予定だった約2・5㌧が1時間ほどで売り切れ、急きょ約1㌧を追加。それも約1時間で完売した。

関連記事

最後を迎えた蒲郡海洋少年団

 蒲郡市内の小中高生が参加していた蒲郡海洋少年団の解団式が29日、同市勤労福祉会館であり、53年間の歴史に幕を閉じた。1967年7月に発足して以来、水泳や手旗信号などの演習に取り組んできた。少子...

その名は「小麦の奴隷」 CFで資金集め 大樹にパン店開業

 インターネットを通じたクラウドファンディング(CF)などで資金を集めた大樹町内のパン店「小麦の奴隷」(西本通26)が29日、プレオープンした。初日はカレーパンを先着200人に無料で配り、多く...

石垣市と東農大が協定 地域資源活用6次産業化へ 包括連携で人材育成協力

 石垣市は24日、市の地域資源を活用した6次産業化と人材育成などを内容とする包括連携協定を東京農業大学と締結した。専門的な知見や助言による農林水産物・加工食品の保蔵、産業振興の活性化に期待してい...

長野日報社

4年ぶり復活ザゼンソウ祭り 諏訪市有賀の公園

 諏訪市豊田有賀のザゼンソウの里公園で28、29の両日、第22回ザゼンソウ祭りが開かれている。公園内の木道を全面改修し、安全に見られる環境が整ったため4年ぶりに復活した。来場者は木道を歩きなが...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク