全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

季節ハタハタ求めて列

季節ハタハタの直売に大勢の消費者が詰め掛けた(八峰町の八森漁港で)

 八峰町沿岸で季節(沿岸)ハタハタ漁が本格化したことを受け、県漁協北部支所は30日、同町八森の八森漁港で直売を行った。町内外から大勢の消費者が訪れ、用意した3・5㌧が約2時間で完売した。同支所は今後の実施について「水揚げ状況を踏まえて検討する」としている。

 同支所管内の季節ハタハタ漁は、27日に約1・1㌧を水揚げ。11月中の初漁は平成28年以来3年ぶりで、昨季より11日早かった。28日は約1・3㌧、29日は約20㌧が水揚げされ、漁が本格化した。
 直売は、漁業者が漁協を通さずに販売する「系統外流通」をなくし、資源管理の前提となる漁獲量を正確に把握しようと28年から行っている。
 雄を中心に3㌔を500円で販売。雄・雌込みは箱入り(3㌔)を2500円で並べた。会場が設けられた同漁港の冷蔵施設前には、販売開始の午前9時前から約200人が列を成し、大きなビニール袋いっぱいに購入する人も見られた。
 五城目町の伊藤美智子さん(48)は、家族の分を含めて12㌔購入。「まとまった水揚げがあったと聞いて駆け付けた。母がハタハタずしを漬けようと準備して待っているので、早く届けてあげたい」と話した。
 同支所によると、当初販売予定だった約2・5㌧が1時間ほどで売り切れ、急きょ約1㌧を追加。それも約1時間で完売した。

関連記事

荘内日報社

鶴岡で新酒完成告げる 「酒林」作り大詰め!!

 新酒の時期を目前に控え恒例の「酒林」作りが大詰めを迎えている。鶴岡市大山の出羽商工会本所では11日から制作実行委員会の小野寺光廣代表(75)=小野寺瓦工業社長=を中心に作業が始まり、25日の完成を目指...

紀伊民報社

地元産イチゴを奉納

 和歌山県那智勝浦町苺(いちご)生産組合とみくまの農協は16日、「いちごの日」(1月15日)に収穫した同町産のイチゴを、世界遺産の熊野那智大社に奉納した。関係者が産地の繁栄などを願い、神事の後に...

北海道庁にむかわ竜襲来 貴重な化石レプリカ初展示

 むかわ町穂別地区で発掘されたハドロサウルス科の恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」通称・むかわ竜が17日、道庁本庁舎に初めて展示され、子供たちなど家族連れが続々と詰め掛けて人気を集めた。  ...

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク