全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

季節ハタハタ求めて列

季節ハタハタの直売に大勢の消費者が詰め掛けた(八峰町の八森漁港で)

 八峰町沿岸で季節(沿岸)ハタハタ漁が本格化したことを受け、県漁協北部支所は30日、同町八森の八森漁港で直売を行った。町内外から大勢の消費者が訪れ、用意した3・5㌧が約2時間で完売した。同支所は今後の実施について「水揚げ状況を踏まえて検討する」としている。

 同支所管内の季節ハタハタ漁は、27日に約1・1㌧を水揚げ。11月中の初漁は平成28年以来3年ぶりで、昨季より11日早かった。28日は約1・3㌧、29日は約20㌧が水揚げされ、漁が本格化した。
 直売は、漁業者が漁協を通さずに販売する「系統外流通」をなくし、資源管理の前提となる漁獲量を正確に把握しようと28年から行っている。
 雄を中心に3㌔を500円で販売。雄・雌込みは箱入り(3㌔)を2500円で並べた。会場が設けられた同漁港の冷蔵施設前には、販売開始の午前9時前から約200人が列を成し、大きなビニール袋いっぱいに購入する人も見られた。
 五城目町の伊藤美智子さん(48)は、家族の分を含めて12㌔購入。「まとまった水揚げがあったと聞いて駆け付けた。母がハタハタずしを漬けようと準備して待っているので、早く届けてあげたい」と話した。
 同支所によると、当初販売予定だった約2・5㌧が1時間ほどで売り切れ、急きょ約1㌧を追加。それも約1時間で完売した。

関連記事

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

郡内各地で今季最低気温 石垣市盛山20・2度観測

 八重山地方は23日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で最低気温が石垣市盛山で20・2度、西表島大原で20・6度、与那国島で21・0度などと郡内8カ所の観測地点全てで今季最低を記録した。24日も引...

長野日報社

洋ギク「諏訪マム」ブランドへ 茅野で初の展示会

茅野市のJR茅野駅前ベルビア2階のワークラボ八ケ岳で23日、同市泉野のキク生産者、鈴木紘平さん(41)、仁美さん(29)夫妻らが「洋ギク(マム)」の展示会を開いた。富士見町と原村の先輩農家が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク