全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゆずりは学園豊川稲荷校でプログラミング授業

 学校に通えない子どもたちを支援するために、フリースクールや通信制高校などを運営する「ゆずりは学園」(田原市、沓名智彦理事長)の豊川稲荷校で30日、プログラミングの授業が行われ、通信制高校の3年生5人が、プログラムの仕組みなどを学んだ。  同学園は中京高等学校のサポート校となり、通信制高校を運営。プログラミングの授業は、来年度から小学校で必修化されるなど、必要性が高まっているのを受けて、「社会と情報」の特別授業として実施、企業のIT支援など行っている「プライド」(名古屋市)の三品弘樹社長を講師に招いて行った。  最初に三品社長が、「2045年には人間の脳の能力をコンピュータが超えると言われている。これからの時代を生きていくためには、プログラミングなどのITの知識は不可欠」と説明。  このあとはプログラミングの実践を行い、人間型のロボット「ペッパー」を使い、生徒たちが簡単なプログラムを組んで、ペッパーにあいさつなどをさせた。

子育て応援団大賞を受賞

 ゆずりは学園は、第13回よみうり子育て応援団大賞(読売新聞社主催)を受賞、沓名理事長と沓名和子学園長が東愛知新聞社へ受賞報告に訪れた。  同賞は民間の優れた子育て支援活動を顕彰し、サポートするもの。表彰式が11月17日に大阪市内で開かれ、賞金200万円を獲得した。  同学園は2001年に田原市内で開校。現在は田原、豊橋、豊川の3拠点で、学校に通えない子どもたちを支援する「もう1つの学校」としてフリースクールや通信制高校などを運営する。子どもたちに寄り添いながら学びを支え、自立へとつなげる実績が評価され大賞に選ばれた。  沓名理事長は「学校に行けない子どもたちを1人でも多く支援するため、これからも頑張ってゆきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク