全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スマイルJ「お帰りなさい」 苫小牧、札幌組が記者会見-平昌五輪から帰道

戦いを終え、笑顔で帰ってきた藤本もえこ選手(前列左)、獅子内美帆選手(同右)らスマイルジャパンのメンバー=27日午後6時50分ごろ、新千歳空港

 25日に閉幕した韓国平昌五輪に出場した女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」の道内関係者が27日夜、帰道した。長い戦いを終え、地元に戻ってきた選手たちは家族や関係者から迎えられ、ホッとしたような笑顔を見せた。

 新千歳空港では保護者や関係者が「スマイルジャパン6位入賞おめでとう!」「感動をありがとう」と書かれた横断幕を掲げて出迎え。午後6時45分ごろ、大澤ちほ主将(道路建設ペリグリン)を先頭に苫小牧、札幌の9選手と飯塚祐司コーチが到着ロビーに姿を現すと、「お帰りなさい」「お疲れさま」と健闘をねぎらう言葉が送られた。

 日本代表「スマイルジャパン」は1次リーグB組でスウェーデン、スイスに敗れ、決勝トーナメント進出を逃したが、韓国、北朝鮮の南北合同チーム「コリア」を下して五輪初勝利。順位決定予備戦では格上のスウェーデンを撃破し、4年後の北京五輪につながる「2勝」を挙げ、6位に入った。

 大澤主将は感謝の言葉を述べながら、「悔しい結果に終わったが、4年間やってきたことは出し切れた。今回の結果を次につなげたい」と思いを語り、2022年北京五輪でのメダル獲得へ意欲を示した。

「感謝の気持ちでいっぱい」

 女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」の苫小牧、札幌メンバーが27日、新千歳空港内で会見を行い、韓国平昌五輪(25日閉幕)での激闘を振り返った。FW大澤ちほ主将(道路建設ペリグリン)は「たくさんの応援、サポートを頂き、感謝の気持ちでいっぱい。結果で恩返しできず残念だが、これから恩返しできるように頑張っていきたい」と述べ、4年後、北京五輪での目標に「メダル獲得」を掲げた。

 冒頭であいさつした北海道アイスホッケー連盟の石橋弘次会長は「厳しい練習を経て、(順位決定予備戦で)スウェーデンに勝利し、スイスとも互角の戦いをした。日本の女子が世界のレベルに到達した歴史的な五輪だった」と称賛。4年後の北京五輪に向けて、「新たなスタートを切って大きく飛躍して」と今後の期待を込めた。

 大澤主将は印象に残っている試合について、初戦のスウェーデン戦を挙げ、「自信を持って臨んだが、勝ち切れなかった。世界の壁は厚いなと改めて感じた」と話す一方、「私たちのディフェンスゾーンの守りは通用すると感じた。守備の時間を短くし、攻撃につなげる。そこは継続していきたい」と今後の手応えも口にした。

 ただ、どの試合もシュート数で上回りながら勝ちに結びつけられない「決定力不足」が大きな課題として残った。大会を総括した飯塚祐司コーチは「スコアリングチャンスをつくる能力はこの4年で上がり、FWとDFの連動性ある攻撃ができた」と前置きした上で、「一番の課題はフィニッシュのシュート。一つのタイミングの遅れやいい形になってもシュートが上がらない、狙ったコースに行かなかった」と指摘した。

 今回対戦したスウェーデンやスイス、他国の試合も観戦し、「外国の選手はフィニッシュの精度が高く、(コースの)空いているところに確実に打ってくる。精度の高いハイショットを打っていかなければ勝っていけない」と痛感した様子。さらに「シニアだけではなく、ジュニア世代からやっていかなければいけない」とも強調した。

 代表活動はここでいったん終了。メンバーはそれぞれの所属チームに戻り、3月に行われる日本リーグ(スマイルジャパンリーグ)=9~11日、帯広市=と全日本選手権大会(A)=22~25日、札幌市=で火花を散らす。

関連記事

荘内日報社

酒田港に最上級大型クルーズ船

 県と酒田市は23日、シルバーシー・クルーズ(本部・モナコ)が運航するモナコ船籍の大型クルーズ船「シルバー・ミューズ」(4万791総トン、乗客定員596人、クルー411人)が2021年4月、酒田市の酒田港に初寄港す...

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク