全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

朱色のカーテン輝く ミキヤ青果で干し柿作り最盛期【宇部】

軒先につるされた干し柿(ミキヤ青果で)

 朝晩の冷え込みが増し、冬の訪れを感じさせる中、宇部市恩田町5丁目のミキヤ青果(柏村佳美代表)で、干し柿作りが最盛期を迎えている。軒先には、朱色の柿がカーテンのようにつり下げられ、初冬の日差しに輝いている。  同店では島根県産の西条柿を使用。柏村代表と従業員が一つずつ皮をむき、縄に掛ける。干し柿は寒風にさらされることで甘みを増し、2週間から1カ月ほどで食べ頃を迎える。長く干すほど実が乾き、歯応えが良くなる。ビタミンA、ペクチン、ポリフェノールを多く含むため、風邪予防や美肌維持に効果がある。  柏村代表は「実は小さめだが、甘さはぎっしり詰まっている。毎年楽しみにしているお客も多く、作業の励みになっている。季節の移り変わりを楽しんで」と話している。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク