全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

輝けやまがた若者大賞 庄内から2団体を選出

 本年度の「輝けやまがた若者大賞」の受賞者が決まった。今回は県内の4団体が受賞。このうち庄内関係は「くしびきこしゃってプロジェクト」(鶴岡市、宮城妙代表)と「テクノ・パラメディック」(同、齋藤夕綺代表)が選ばれた。賞状授与式は12月4日、県庁で行われる。

 同賞は、地域活性化に取り組んでいる若者の優れた功績・成果、地道な活動を顕彰し、県民に広く紹介することで活動を応援するとともに、若者が活躍できる風土づくりの推進に役立てようと2011年度から実施。県や県内各地を元気にする取り組みを自主的、積極的に継続(おおむね5年以上)している18歳以上40歳未満の若者(個人)または構成員の過半数が若者の団体・グループが対象。

 受賞した「くしびきこしゃってプロジェクト」は2014年に活動開始。鶴岡まちづくり塾に参加したメンバーを基に、「地域の元気がなくなりつつある現状を何とかしたい」という思いから団体を立ち上げた。手作りをテーマに、「農、食、手しごと」の店舗やワークショップなどによるイベント「こしゃってマルシェ」を企画し、幅広い世代の市民から地域の魅力を発見してもらう場づくりを行っている。

 鶴岡高専の学生でつくる「テクノ・パラメディック」は2010年に活動を開始。「日頃の学修を地域のために」をテーマに、酒田市の飛島で潮風害の影響や物流不便といった立地問題、超高齢化など島特有の課題の解決に取り組んでいる。授業で学んだ技術を生かし、島民の家電や観光用自転車の修理、観光名所の立て看板設置とベンチの保全、美化活動などを行っている。

「輝けやまがた若者大賞」に選ばれた「くしびきこしゃってプロジェクト」(上)と「テクノ・パラメディック」=写真提供・県若者活躍・男女共同参画課

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク