全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

輝けやまがた若者大賞 庄内から2団体を選出

 本年度の「輝けやまがた若者大賞」の受賞者が決まった。今回は県内の4団体が受賞。このうち庄内関係は「くしびきこしゃってプロジェクト」(鶴岡市、宮城妙代表)と「テクノ・パラメディック」(同、齋藤夕綺代表)が選ばれた。賞状授与式は12月4日、県庁で行われる。

 同賞は、地域活性化に取り組んでいる若者の優れた功績・成果、地道な活動を顕彰し、県民に広く紹介することで活動を応援するとともに、若者が活躍できる風土づくりの推進に役立てようと2011年度から実施。県や県内各地を元気にする取り組みを自主的、積極的に継続(おおむね5年以上)している18歳以上40歳未満の若者(個人)または構成員の過半数が若者の団体・グループが対象。

 受賞した「くしびきこしゃってプロジェクト」は2014年に活動開始。鶴岡まちづくり塾に参加したメンバーを基に、「地域の元気がなくなりつつある現状を何とかしたい」という思いから団体を立ち上げた。手作りをテーマに、「農、食、手しごと」の店舗やワークショップなどによるイベント「こしゃってマルシェ」を企画し、幅広い世代の市民から地域の魅力を発見してもらう場づくりを行っている。

 鶴岡高専の学生でつくる「テクノ・パラメディック」は2010年に活動を開始。「日頃の学修を地域のために」をテーマに、酒田市の飛島で潮風害の影響や物流不便といった立地問題、超高齢化など島特有の課題の解決に取り組んでいる。授業で学んだ技術を生かし、島民の家電や観光用自転車の修理、観光名所の立て看板設置とベンチの保全、美化活動などを行っている。

「輝けやまがた若者大賞」に選ばれた「くしびきこしゃってプロジェクト」(上)と「テクノ・パラメディック」=写真提供・県若者活躍・男女共同参画課

関連記事

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

2年ぶり産業まつり 地区商工会協 来月5・6日、22店舗出店

 2021年度八重山の産業まつり(主催・八重山地区商工会広域連携協議会)が2月5、6日、マックスバリュやいま店駐車場で開催される。3市町などから22店舗が出店予定。昨年度は新型コロナウイルス禍で中止とな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク