全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

発達障害者に働きやすい職場を 三井振興局長が紙芝居 帯広

紙芝居を上演する三井局長

 十勝総合振興局が発達障害者の体験談を基に作成した「人生劇場紙芝居」の上演会が27日、帯広市内の北海道中小企業家同友会とかち支部で開かれた。作成を担当した三井真局長自身が物語を読み上げ、誰もが働きやすい職場づくりについて意見交換した。

 同振興局の「攻めの福祉プロジェクト」の一環。三井局長が当事者に取材し、発達障害者が抱える悩みや取り巻く環境を紙芝居にまとめた。上演会は4回実施したが、経営者を対象にするのは初めて。管内の経営者ら11人が参加した。

 三井局長は想定外の物事が起こると手が止まる、複数の物事を同時に進められないなど、発達障害者の特徴を説明。「周囲から『わざとやっている』と誤解を招くことがある。障害への理解不足がうつ病につながることもある」と語った。

 物語のモチーフとなった幸福駅でカフェを営む三浦潤一さんの妻直美さんは、「働きやすい職場環境をつくるため他の機関と連携したネットワークを構築してほしい」と訴えた。参加者からは「働きやすい環境を整えるには同僚と本人の相互理解が大切」などの声が上がっていた。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク