全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

発達障害者に働きやすい職場を 三井振興局長が紙芝居 帯広

紙芝居を上演する三井局長

 十勝総合振興局が発達障害者の体験談を基に作成した「人生劇場紙芝居」の上演会が27日、帯広市内の北海道中小企業家同友会とかち支部で開かれた。作成を担当した三井真局長自身が物語を読み上げ、誰もが働きやすい職場づくりについて意見交換した。

 同振興局の「攻めの福祉プロジェクト」の一環。三井局長が当事者に取材し、発達障害者が抱える悩みや取り巻く環境を紙芝居にまとめた。上演会は4回実施したが、経営者を対象にするのは初めて。管内の経営者ら11人が参加した。

 三井局長は想定外の物事が起こると手が止まる、複数の物事を同時に進められないなど、発達障害者の特徴を説明。「周囲から『わざとやっている』と誤解を招くことがある。障害への理解不足がうつ病につながることもある」と語った。

 物語のモチーフとなった幸福駅でカフェを営む三浦潤一さんの妻直美さんは、「働きやすい職場環境をつくるため他の機関と連携したネットワークを構築してほしい」と訴えた。参加者からは「働きやすい環境を整えるには同僚と本人の相互理解が大切」などの声が上がっていた。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク