全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

多彩な音楽で観客魅了 八重山大ぶがりのぅしライブ 14組が出演

ステージの合間では旗頭をパロディーにした創作ダンスで会場の笑いを誘った=23日、東京・天王洲アイル「KIWA」

 【東京】竹富町観光大使で、小浜島在住のシンガー・ソングライターつちだきくおさん(62)の「第17回八重山大ぶがりのぅしライブ」が23、24日の2日間、東京、天王洲アイル「KIWA」で行われた。つちださんが「1年の締めくくりに石垣で飲んでいるような会にしたかった」というライブには、増田めぐみや饒平名久乃、BLACK RAIN、峯夫バンドなど、八重山ゆかりのミュージシャンらが2日間で14組参加。それぞれの個性を生かしたステージで観客を魅了した。

 ステージの合間には豊年祭の旗頭をパロディーにした余興のほか、泡盛などのお土産を賭けたじゃんけん大会が行われるなど、会場を盛り上げた。

 23日夜のステージのクライマックスには、つちださん率いるバンド、イノーズが登場。八重山への愛を歌ったポップナンバー『ヤイマ』や、恋人たちの時間を歌ったバラード『ラブロード小浜』など3曲を熱唱。合間にはジョークを交えた軽妙なマイクパフォーマンスで会場を沸かせた。

 ライブに通い始めて10年という都内在住の森島康彦さん(62)は「これがないと年を越せないほど楽しみにしている」と拍手を送った。千葉県在住の水沼しのぶさん(55)は「1年頑張った自分へのご褒美として来ている。石垣に帰った気分になれる最高の場所」とエールを送った。

 つちださんは「八重山に魅せられ、また行きたくてもさまざまな事情で行けない人たちがこの会を楽しみにしてくれている。八重山のミュージシャンのレベルの高さも証明したかった。年2日間の大人の忘年会としてこれからも続けていきたい」と意欲を語った。(小笠原大介通信員)

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク