全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

多彩な音楽で観客魅了 八重山大ぶがりのぅしライブ 14組が出演

ステージの合間では旗頭をパロディーにした創作ダンスで会場の笑いを誘った=23日、東京・天王洲アイル「KIWA」

 【東京】竹富町観光大使で、小浜島在住のシンガー・ソングライターつちだきくおさん(62)の「第17回八重山大ぶがりのぅしライブ」が23、24日の2日間、東京、天王洲アイル「KIWA」で行われた。つちださんが「1年の締めくくりに石垣で飲んでいるような会にしたかった」というライブには、増田めぐみや饒平名久乃、BLACK RAIN、峯夫バンドなど、八重山ゆかりのミュージシャンらが2日間で14組参加。それぞれの個性を生かしたステージで観客を魅了した。

 ステージの合間には豊年祭の旗頭をパロディーにした余興のほか、泡盛などのお土産を賭けたじゃんけん大会が行われるなど、会場を盛り上げた。

 23日夜のステージのクライマックスには、つちださん率いるバンド、イノーズが登場。八重山への愛を歌ったポップナンバー『ヤイマ』や、恋人たちの時間を歌ったバラード『ラブロード小浜』など3曲を熱唱。合間にはジョークを交えた軽妙なマイクパフォーマンスで会場を沸かせた。

 ライブに通い始めて10年という都内在住の森島康彦さん(62)は「これがないと年を越せないほど楽しみにしている」と拍手を送った。千葉県在住の水沼しのぶさん(55)は「1年頑張った自分へのご褒美として来ている。石垣に帰った気分になれる最高の場所」とエールを送った。

 つちださんは「八重山に魅せられ、また行きたくてもさまざまな事情で行けない人たちがこの会を楽しみにしてくれている。八重山のミュージシャンのレベルの高さも証明したかった。年2日間の大人の忘年会としてこれからも続けていきたい」と意欲を語った。(小笠原大介通信員)

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク