全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「地産地消」こそ 農家安定への道

 庄内スマート・テロワール「豊穣(ほうじょう)感謝祭」が26日、鶴岡市のグランドエル・サンで行われた。庄内スマート・テロワール推進協議会(会長・林田光祐山形大学農学部長)が主催し、生産者、消費者ら約300人が出席した。

 第1部では食料の生産から加工、販売、消費までの全てを地域内で完結できる「特色のある持続可能な循環型農村経済圏」を目指しての考え方や取り組みが講演形式で紹介された。山大農学部助教の中坪あゆみさんは庄内地方のバレイショ栽培を語り「ポテトサラダの消費はぐんぐん伸びている。体に優しいものを作っている総菜店で買ったり、地元産材料を自ら使い、子どもに食べさせたいお母さんの思いがある」と説明しながら「地域に適した規模の食品加工場でしっかりしたポテトサラダを作ればビジネスとして成立する」と女性研究者の視点で語るなど、大規模生産で時に「豊作貧乏」が引き起こされる形ではなく、地産地消にこそ農家の安定経営の道があることを説いた。

山大生がそろいの法被を着て振る舞った

 第2部の試食会は立食パーティー形式で行われ、ポテトサラダは従来の「トヨシロ」を廃止、寒さに強く加工しやすい「はるか」「さやか」から作られた月山高原産物が提供され、程よい甘さもあって人気だった。ジャガイモではピューレ、スープ、コロッケ、ガレット、餅なども振る舞われた。また今年のふるさと食品コンクールで県知事賞を受賞した「山大あらびきウインナー」は販売コーナーで売り切れるなど好評を博していた。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク