全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

勇払原野に希少7種 ウトナイ湖サンクチュアリ野鳥調査

7年連続で確認されたタンチョウ=日本野鳥の会提供

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは27日、苫小牧東部地域で今年度実施した野鳥の調査で、環境省レッドリスト(日本で絶滅の恐れがある野生生物)に登録された鳥類7種類を確認したと発表した。シマクイナ、アカモズ、タンチョウなどで、同センターは「全国的に見ても希少な鳥類が生息する豊かな自然環境が改めて明らかになった」としている。

 同センターは、2000年度に同地域での野鳥調査をスタート。今年度は繁殖期の4月から8月にかけて集中的に実施した。希少鳥類に悪影響が及ばないよう例年この時期に結果を公表しており、詳しい確認位置などは明らかにしていない。

 今回の調査では近い将来、絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類」のシマクイナ(クイナ科)、アカモズ(モズ科)、チュウヒ(タカ科)、絶滅の危険が高まっている「絶滅危惧Ⅱ類」のタンチョウ(ツル科)、オジロワシ(タカ科)、絶滅危惧種に移行する可能性がある「準絶滅危惧」のマキノセンニュウ(センニュウ科)、オオジシギ(シギ科)の生息が明らかになった。

 シマクイナは今回、少なくとも6羽(前年比1羽増)見つかった。アカモズは2つがい確認されたものの、ごく狭いエリアを営巣地として毎年利用しており、生息環境の変化による営巣地の消失が懸念されている。

 タンチョウは、7年連続で確認。近年、勇払原野全域で観察されるようになっている。オオジシギは、5月に市民の協力を得た個体数調査で63羽を確認。01年の108羽、17年の77羽に比べて減っているが原因は不明という。

 釧路湿原、サロベツ原野と並ぶ道内三大原野の一つで、水鳥や草原性鳥類の生息地として知られている勇払原野。生息調査で確認された希少種は15年度~17年度も7種類で、18年度はサンカノゴイを含む8種類だった。

 同センターの瀧本宏昭レンジャー(32)は「調査結果を基に保全活動に取り組み、日本野鳥の会が推進する弁天沼周辺の勇払原野のラムサール条約湿地登録を目指したい」と語った。

関連記事

軽石、西表東部に漂着 仲間川でも少量浮遊確認

 【西表】仲間崎や古見の浦など東部地域の海岸線の波打ち際で29日、漂着と思われる軽石の帯が確認された。大原の旧桟橋には細かな軽石がわずかに吹きだまり、IDP(西表島ドローンプロジェクト)の横目英...

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県...

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク