全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

勇払原野に希少7種 ウトナイ湖サンクチュアリ野鳥調査

7年連続で確認されたタンチョウ=日本野鳥の会提供

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは27日、苫小牧東部地域で今年度実施した野鳥の調査で、環境省レッドリスト(日本で絶滅の恐れがある野生生物)に登録された鳥類7種類を確認したと発表した。シマクイナ、アカモズ、タンチョウなどで、同センターは「全国的に見ても希少な鳥類が生息する豊かな自然環境が改めて明らかになった」としている。

 同センターは、2000年度に同地域での野鳥調査をスタート。今年度は繁殖期の4月から8月にかけて集中的に実施した。希少鳥類に悪影響が及ばないよう例年この時期に結果を公表しており、詳しい確認位置などは明らかにしていない。

 今回の調査では近い将来、絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類」のシマクイナ(クイナ科)、アカモズ(モズ科)、チュウヒ(タカ科)、絶滅の危険が高まっている「絶滅危惧Ⅱ類」のタンチョウ(ツル科)、オジロワシ(タカ科)、絶滅危惧種に移行する可能性がある「準絶滅危惧」のマキノセンニュウ(センニュウ科)、オオジシギ(シギ科)の生息が明らかになった。

 シマクイナは今回、少なくとも6羽(前年比1羽増)見つかった。アカモズは2つがい確認されたものの、ごく狭いエリアを営巣地として毎年利用しており、生息環境の変化による営巣地の消失が懸念されている。

 タンチョウは、7年連続で確認。近年、勇払原野全域で観察されるようになっている。オオジシギは、5月に市民の協力を得た個体数調査で63羽を確認。01年の108羽、17年の77羽に比べて減っているが原因は不明という。

 釧路湿原、サロベツ原野と並ぶ道内三大原野の一つで、水鳥や草原性鳥類の生息地として知られている勇払原野。生息調査で確認された希少種は15年度~17年度も7種類で、18年度はサンカノゴイを含む8種類だった。

 同センターの瀧本宏昭レンジャー(32)は「調査結果を基に保全活動に取り組み、日本野鳥の会が推進する弁天沼周辺の勇払原野のラムサール条約湿地登録を目指したい」と語った。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク