全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室コーンパン 毎週完売 テレビに続々 人気に火

 芽室町観光物産協会(松山博行会長)のオリジナルパン「日本一コーンパン」の注目度が全国的に高まっている。テレビ番組で紹介されたことをきっかけに、販売する「ゆめ広場呼路歩来」(本通2)では各地からの問い合わせが急増。週1回の店舗販売日は、午前中で完売するほどの人気ぶりだ。

人気が高まっているコーンパンと勝部事務局長

 同協会理事で、十勝芽室コーン炒飯地域活性化協議会長の高橋広明さん(レストランHIROオーナーシェフ)が「日本一の生産量を誇る芽室のスイートコーンの魅力をさらに発信したい」と発案。町内の老舗パン屋「旭屋商店」(東1ノ3、中島将好代表)に製造を依頼し、9月から月曜限定で販売している。

 メロンパンの生地にコーンパウダーを加え、トウモロコシの形にアレンジ。具にはカスタードクリームとコーンの粒々がふんだんに入り、プチプチした食感も楽しめる。

 札幌テレビ放送(STV)の情報番組「どさんこワイド179」(10月7日)や、日本テレビの「NNNストレイトニュース」(今月3日)でも紹介されたことがきっかけで人気に火が付いた。開店と同時に売り切れる日がある他、10個以上単位での予約注文も珍しくないという。同協会の勝部正志事務局長は「新ご当地グルメとしてPRしていきたい」と話している。

 コーンパンは1個200円。月曜の営業は午前9時~午後6時。随時予約も受け付け中(引き渡しは月曜)。問い合わせはゆめ広場呼路歩来(0155・66・6522)へ。

関連記事

長野日報社

寒風にさらされ乾燥 茅野市で角寒天作り始まる

冬の寒さを利用した諏訪地方特産の天然の角寒天作りの時期を迎え、茅野市宮川の五味喜一商店で6日、生天を寒風にさらす「天出し」作業が始まった。暖冬といわれる中、少しずつ寒さも増し、天候を見計らい昨年...

年末年始に備え三河ハゼ甘露煮

 今年も年末年始に備え、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まった。  三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸...

紀伊民報社

特産サツマイモ「なんたん蜜姫」でプリン

 和歌山県串本町串本にあるレストラン「サンドリア」が、町特産のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったプリンを開発した。サツマイモの甘みを生かしたしっとりした食感のプリンで、人気商品になっている。 ...

蒲郡ミカン「箱入娘」出荷最盛

 蒲郡市で、露地栽培のブランドミカン「箱入娘」の出荷が最盛期を迎えた。農家が手塩にかけて育てた厳選種。冬場の贈答用として販売している。  箱入娘は温州ミカン「宮川早生」で、畑に白いシートを敷...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク