全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

光泉寺でイチョウ祭り

大勢でにぎわったイチョウ祭り(古座川町三尾川で)

 和歌山県古座川町三尾川にある光泉寺で23日、「イチョウ祭り」が営まれた。色づき始めた「子授けイチョウ」の下で野だてや餅まきがあり、多くの人でにぎわった。
 イチョウが色づくこの時季に毎年開催されている。着物姿の女性たちが来場者にお茶や菓子を振る舞った他、物産販売もあった。
 子授けイチョウは、樹齢約450年で高さ約35メートル、幹回り約7メートル。乳房のように垂れ下がった気根が特徴で、町の天然記念物に指定されている。小原征雄住職(76)は「天候に恵まれ、大勢が来てくれてよかった。今年のイチョウは台風の影響がなく葉が多い。今週末ぐらいが見頃になるのでは」と話した。

関連記事

長野日報社

SUWAブランド 新たに2社8品認定商品に

官民連携で諏訪地域の企業の商品の統一ブランドを展開する「SUWAブランド推進委員会」(岩波尚宏委員長)は27日、岡谷市と富士見町の2社の計8品を認定商品に加えたと発表した。諏訪地方の風物詩を...

荘内日報社

スマート農業学ぶ

 今春開校した鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS(シーズ)」で26日、初めての一般農業者向けの公開講座が開かれた。市内の若手農業者らが参加し、情報通信技術(ICT)などを活用した先進的なスマート...

紀伊民報社

「姫ひじき」が激減 来季に向け海岸清掃

 和歌山県串本町姫の特産品「姫ひじき」の水揚げ漁が激減している。多い年で約6トン(乾燥状態)、近年は約4トンを収穫していたが、昨年は約2・6トンと減少し、今季は680キロとさらに少なかった。来季...

宇部日報社

県立美術館再開、入場者数など制限

 県立美術館で26日、特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」が開幕した。新型コロナウイルス感染防止対策の徹底の中、多くの人が訪れ「北欧のフェルメール」と称されるヴィルヘルム・ハマスホイ(1864~...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク