全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

農業王国 春近し ハウスの中、ビート苗作り 中札内

ピンクに色づけされた種子を次々と紙筒に入れる、ビートの苗作り作業(中札内村の鎌田農園)

 本格的な農作業シーズンを前に、十勝管内の畑作農家が砂糖の原料となるビートの苗作りを始めた。ビニールハウス内でビートの種子を発芽させ、ある程度生育した4月以降に畑に植え付ける。苗が春の強風に飛ばされたり、霜で枯れたりするリスクを減らす目的で、早春の苗作りは十勝農業の始まりを告げる風物詩となっている。

 村共栄東4線の鎌田農園(鎌田和志代表)は今年、8ヘクタールの畑でビートを栽培する。27、28の両日、近隣の農家から委託された分を含め、約86万個の種子と土をペーパーポットと呼ぶ紙筒に詰め、苗を作った。家族と従業員の計10人で分担し、手際よくこなした。

 暖かいハウス内で、苗は1週間ほどで発芽する。順調なら、作った苗の9割以上を畑に植え付けられるという。鎌田代表は「発芽後にしっかり温度管理できるかが、畑に移植した後の生育を左右する」と話す。

 鎌田農園では昨年、ビートの生産量が過去最高となった。苗作りは収量の安定につながる半面、手間がかかるのも事実。人手不足から種子を畑に直播(ちょくはん)する農家が増えている。

 道農政部によると、昨年の管内のビート作付面積は2万5556ヘクタール。このうち、直播による作付けが全体の26%あった。

関連記事

藤ノ花女子高で「十二単」特別授業

 いにしえの文化に親しもうと、豊橋市老松町の私立藤ノ花女子高校で19日、十二単について学ぶ特別授業があった。生徒をモデルに着付けの実演もあり、平成の女子高生たちは平安貴族に思いをはせた。  国語で...

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打...

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒...

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク