全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

農業王国 春近し ハウスの中、ビート苗作り 中札内

ピンクに色づけされた種子を次々と紙筒に入れる、ビートの苗作り作業(中札内村の鎌田農園)

 本格的な農作業シーズンを前に、十勝管内の畑作農家が砂糖の原料となるビートの苗作りを始めた。ビニールハウス内でビートの種子を発芽させ、ある程度生育した4月以降に畑に植え付ける。苗が春の強風に飛ばされたり、霜で枯れたりするリスクを減らす目的で、早春の苗作りは十勝農業の始まりを告げる風物詩となっている。

 村共栄東4線の鎌田農園(鎌田和志代表)は今年、8ヘクタールの畑でビートを栽培する。27、28の両日、近隣の農家から委託された分を含め、約86万個の種子と土をペーパーポットと呼ぶ紙筒に詰め、苗を作った。家族と従業員の計10人で分担し、手際よくこなした。

 暖かいハウス内で、苗は1週間ほどで発芽する。順調なら、作った苗の9割以上を畑に植え付けられるという。鎌田代表は「発芽後にしっかり温度管理できるかが、畑に移植した後の生育を左右する」と話す。

 鎌田農園では昨年、ビートの生産量が過去最高となった。苗作りは収量の安定につながる半面、手間がかかるのも事実。人手不足から種子を畑に直播(ちょくはん)する農家が増えている。

 道農政部によると、昨年の管内のビート作付面積は2万5556ヘクタール。このうち、直播による作付けが全体の26%あった。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク