全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

来月、全日本アルペン【釧路】

ポスターを手に大会をアピールする皆川本部長(中央)

第98回全日本スキー選手権アルペン競技会が12月25日から4日間、釧路市阿寒湖温泉の国設阿寒湖畔スキー場で開かれることが決まり、25日には主催する全日本スキー連盟の役員が市役所を訪れ、蝦名大也市長に協力を要請した。

同連盟が競技会場として高く評価する阿寒での開催は3年連続。ワールドカップ(W杯)の代表選考会を兼ねた国内勢の頂点を競う大会で、海外を転戦しているトップ級選手の参戦も予定されている。

 訪れたのはトリノ五輪男子回転4位入賞の実績も持つ同連盟の皆川賢太郎競技本部長のほか、北海道スキー連盟の松岡尚幸副会長(阿寒湖畔スキー場所長)、釧路スキー連盟の伊東尚悟会長、阿寒湖温泉冬季スポーツ大会実行委員長の太田融阿寒町行政センター長。

 皆川本部長は、男子が来年2月に新潟県(苗場スキー場)で開かれるW杯の代表選考を兼ねているほか、女子も国際ツアー転戦の権利を得られる重要な大会だと紹介。「12月に全日本を開催できることはありがたいこと」と感謝を示し、蝦名市長は「毎回定番で開かれることは地域にとっても励みになる。より良い大会になれば」と期待を語った。

 皆川本部長は阿寒湖畔が選ばれる理由について、「ヨーロッパの雪質に似ていること」とし、インジェクションと呼ばれる機械を使ったコースづくりによって「乾いた氷の硬いバーンでレースができる」と評価。12月に競技が可能な環境、さらにコースの難易度やクオリティーの高さも国際クラスの競技会場にひけをとらないとし、「(引き続き)開催地として立候補していただけたら」と、全日本アルペンの固定開催に期待感を示した。

 大会は12月25日に開会式。26日から、同スキー場のライトウィングコースで男女の回転(スラローム・SL)と大回転(ジャイアントスラローム・GS)の計4種目を行う。全日本連盟の強化指定選手やポイントランキング上位など200人以上が参戦を見込み、国内トップクラスの精鋭によるハイレベルな争いが予想されている。

 なお阿寒湖畔スキー場でのコースづくりは、回転競技のコースが「6割ほど出来上がっている」(松岡所長)とし、あと1週間ほどでレースコースの整備を終える見込み。12月10日から合宿の受け入れが始まり、15日から公式戦3レースを開催し、全日本本番を迎える。一般オープンは同月29日の予定。

関連記事

大樹に「パンづくり」リゾート ホリエモン発の店が計画

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんがプロデュースしたパン店「小麦の奴隷」(大樹町西本通26)が、町内でパンづくりなどを楽しめる体験型リゾートの整備を計画している。堀江さんが自身のフェイスブックで...

宇部日報社

野外彫刻「ロンド」がサンタクロースの衣装に 宇部

 師走に入って、クリスマスの足音が近づく中、ANAクラウンプラザホテル宇部前の野外彫刻「ロンド」が4日、サンタクロースの衣装をまとった。     冬の風物詩の一つとして、宇部文化服装学院が20年...

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク