全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪市 マンホールカード作製 12月14日から配布

諏訪市が配布するマンホールカードの拡大見本。実物は縦9センチ、横6センチほどの大きさで12月14日から配布する

 諏訪市は7月に新たに採用した市内マンホールのふたのデザインを図柄にした「マンホールカード」を作製し、12月14日から無料配布する。市が同カードを作るのは初めて。市水道局は「カードを通して下水道に関心を高め、重要なインフラだと見直してもらえれば」と話している。

 マンホールカードは、国土交通省や日本下水道協会などでつくる下水道広報プラットホームが地方自治体と共同制作している。諏訪地域では茅野市や県諏訪湖流域下水道事務所がすでに作製して配布している。

 諏訪市は昨年度にマンホールのふたのデザインを公募し、今年7月に採用された作品をカードにあしらった。観光資源の諏訪湖、花火、高島城を表現している。湖には多くの魚が泳いでおり、魚や城の石垣にはカタカナで「ミンナデキレイ」という文字も読める。同市中洲の会社員藤森実さん(49)が発案した。

 縦9センチ、横6センチほどの大きさで4000枚作った。表面にマンホールデザインと第1号のカラーぶたを設置した同市諏訪1の歩道位置の緯度や経度を載せ、裏面にデザインの説明が記載されている。

 JR上諏訪駅構内の市観光案内所で配布する。市水道局によると、全国にはカードの収集マニアが居るそうで、「カードは現地に行かないと手に入らないので、市内に足を運んでもらうことで観光活性化につながれば」と期待している。

 配布時間は午前9時~午後5時30分。1人1枚配る。問い合わせは市水道局施設課(電話0266・52・4141、内線769)へ。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク