全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元役者の熱演に大きな声援 「山戸能」と「山五十川歌舞伎」奉納上演

 鶴岡市山五十川に伝わる「山戸能」と「山五十川歌舞伎」の奉納上演が23日、同地区の山五十川公民館で行われた。集落内の子どもや青年たちが熱演し、会場を沸かせた。

 山戸能は、地元に伝わる書物によると866年ごろの起源。演目の伝来などで黒川能にもゆかりが深いとされる。一方、山五十川歌舞伎は、江戸中期の宝永年間(1704―11年)、神事にまつわる村芝居として始まったという。一集落で能と歌舞伎の両方が受け継がれている例は全国でも珍しく、1964年に能、86年には歌舞伎がそれぞれ県の無形民俗文化財に指定された。

 現在は山五十川古典芸能保存会の下、山戸能一座(三浦市樹座長)と山五十川歌舞伎一座(尾上菊之丞座長)がそれぞれ伝承。春と秋の年2回、地元の河内神社の祭典で献納上演している。

 この日は、能の「座揃囃子」で幕開けし、子どもたちによる稚児舞「恋慕の舞」、五穀豊穣(ごこくほうじょう)・国家安寧などの祈りを込めた「式三番」、番能「舟弁慶」と続いた。歌舞伎の演目は源平布引滝「九郎助住家の場」。子役らの熱演に、約250人が詰め掛けた会場からは「最後まで負げるな!」などと声援も飛んで盛り上がった。

 能の式三番で、翁と三番叟の導き役「千歳」を務めた藤原しおんさん(11)=あつみ小5年=は、今回が初舞台。「大人がいっぱい見ていて緊張したけど練習通りできて良かった。本当は男の人がやるものだと聞いているけど、もしできるなら、大人になっても続けたい」と話していた。

山五十川歌舞伎の一場面。会場からの「大向こう」に地元役者が熱演で応えた

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク