全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

CCS実証試験の作業終了 実用化へ第一歩、年度内に報告書まとめる-経産省

モニターでCO2圧入30万トン達成が表示された苫小牧CCS実証試験センター=22日

 経済産業省は25日、苫小牧沖の地中に二酸化炭素(CO2)を圧入するCCS実証試験が、目標の30万トンに達し作業を終了したと発表した。同省は実証試験の結果と今後の課題を年度内に報告書としてまとめ、実用化に向けて一歩踏み出す。

 CCSとは、工場や発電所から排出されるCO2を大気に放出する前に回収し、地下に貯留する新技術。地球温暖化対策の一環として世界中で注目を集めている。同省は日本CCS調査(東京)に委託し、2012年度から苫小牧CCS実証試験センターの整備を進め、16年度に同市真砂町でCO2の圧入作業をスタートした。18年度からはNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の交付金で続けてきた。

 目標達成時刻は22日午前7時7分。同日に圧入作業を停止し、CO2の漏れがないかどうか継続的にモニタリングしていく。同省地球環境対策室は「苫小牧市や地元関係者の理解と協力を引き続き得ながら、今年度内に結果をまとめて実用化を進めたい」としている。

 同センターはCO2を炭素化合物に合成した化学品として再利用するカーボンリサイクルの施設として活用する方向で経産省が検討中。同省は実現可能性について、地元企業などを対象に年度内に聞き取り調査を実施する考えだ。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク