全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ホッキ貝、日本一の漁場守る 休漁期間活用で資源管理-苫小牧漁協

漁場から間引きした老齢のホッキ貝

 水揚げ日本一を誇る苫小牧漁業協同組合のホッキ漁。今季も21日に夏漁の「ノルマ」を達成し、12月上旬の冬漁開始に備えている。漁業者たちはこの短い休漁期間を生かし、ホッキの移植放流や老齢貝の間引きを展開。徹底した資源管理と改善の取り組みで、前浜の良好な漁場を守っている。

 苫小牧のホッキ漁獲量は市町村別で日本一を継続中。苫小牧漁協が地域団体商標、いわゆる地域ブランドに「苫小牧産ほっき貝」として登録している。苫小牧の漁獲海域は東西約30キロに及ぶ上、徹底した資源管理が漁獲増を支えている。道内のホッキ貝は海面調整規則に基づき、長さ7・5センチ以上で漁獲できるが、苫小牧漁協は9センチ以上に制限。漁期も夏の7~11月、冬の12月~翌年4月と分け、漁獲条件を設けて操業し、5、6月の産卵期は禁漁にしている。

 2016年度からはさらに夏・冬漁の終了直後に移植放流や間引きを展開している。ホッキは10年に一度の割合で大量発生するといい、苫小牧沖では14年に大量発生が確認されたためだ。漁場でホッキが過密化すれば、餌を取り合って成長を阻害したり、重なって「吸管」をふさいで死んだりし、ヒトデなど外敵も増える悪循環に陥る。漁業者たちは漁場ごとの資源状況を確認しながら、ホッキを漁場間で移し替え、老齢貝を間引いている。

 今季のホッキ漁は漁業者96人を、夏・冬漁に48人ずつ割り振って展開。夏漁は7月1日に始まり、21日に上限396トンの漁獲を終え、22日から27日までをめどに移植放流と間引き作業を行い、漁場やホッキ品質の改善につなげている。漁場については沖合29カ所に分かれており、「過密区域」を平準化する作業が続いている。

 苫小牧のホッキ漁はそもそも「噴流式桁曳網」という、船から水底に水流を送って貝を掘り起こし、動力もロープの巻き取りで推進する「優しい漁法」(苫小牧漁協)。ホッキが軟らかい砂地を好む特性を重視し、畑を耕すように漁場を育ててきた。休漁期間の移植放流や間引きは、営々と続く資源管理型漁業の深化で、苫小牧漁協の赤澤一貴総務部長は「ホッキが常に安定して獲れるよう、漁業者、漁協、関係機関で厳しく資源管理しているからこそ、水揚げ日本一を続けることができる」と強調している。

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク