全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

B-1グランプリ、ザンタレ隊2位【釧路】

投票、1位と僅差 

同グランプリは、ご当地グルメで地元に人を呼び込む目的で、2006年に青森県八戸市で始まった。今回は3年ぶり11回目の開催。ご当地グルメの味はもとより、おもてなしの対応やPRパフォーマンスも含めて、食べた人が気に入った団体に割り箸で投票する方式。小樽あんかけ焼きそば、地元のあかし玉子焼き、浜松餃子など強豪がそろい、グランプリは三重県津市の「津ぎょうざ小学校」が獲得。投票の箸の重量は釧路ザンタレ隊と僅差だった。

 今年は、明石市制施行100周年記念事業として、同市を挙げての大会となり、主催者発表によると2日間で合計で、明石市の人口を上回る31万4000人が来場した。参加団体は、市内9会場に分かれてブースを設け、ご当地グルメを提供したほか、地域の魅力をPRした。オリジナルご当地ソングや体操、陶芸体験を開いて顧客を呼び込むユニークな団体も現れた。

 釧路ザンタレ隊は、経済人や市議会議員、市職員など官民一体の18人で参加し、明石市役所駐車場会場で、甘酢しょう油ベースの特製タレが特徴の「くしろザンタレ」を提供。「世界三大夕日のまち釧路」や「花粉0のまち」などと書いたパネルの展示、アイヌ文化や釧路市内各地を写真で紹介したパンフレットを配布し地域の魅力をPR。釧路ブースに並んだ人たちは「ザンタレは子供も食べやすいしおいしかった」「関西からLCC(格安航空)1本で釧路に行けるなら行ってみたい」など、味や釧路PRを好意的に受け止めていた。

300人超えの行列も

釧路ブースは開催前から100人以上の長い行列ができ、ピーク時には300人以上が並ぶ人気ぶり。2日間を通して、行列は途切れることなく続き、3個入り300円で、約8000食を提供。想定以上の人気ぶりで、2日目の大会終了前には売り切れとなった。木村隊長は「シルバーグランプリは非常にうれしい。釧路のまちの魅力を関西圏にPRできたことが何よりの収穫。会場に足を運んだ人たちが、釧路に来るきっかけになればうれしい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク