全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

B-1グランプリ、ザンタレ隊2位【釧路】

投票、1位と僅差 

同グランプリは、ご当地グルメで地元に人を呼び込む目的で、2006年に青森県八戸市で始まった。今回は3年ぶり11回目の開催。ご当地グルメの味はもとより、おもてなしの対応やPRパフォーマンスも含めて、食べた人が気に入った団体に割り箸で投票する方式。小樽あんかけ焼きそば、地元のあかし玉子焼き、浜松餃子など強豪がそろい、グランプリは三重県津市の「津ぎょうざ小学校」が獲得。投票の箸の重量は釧路ザンタレ隊と僅差だった。

 今年は、明石市制施行100周年記念事業として、同市を挙げての大会となり、主催者発表によると2日間で合計で、明石市の人口を上回る31万4000人が来場した。参加団体は、市内9会場に分かれてブースを設け、ご当地グルメを提供したほか、地域の魅力をPRした。オリジナルご当地ソングや体操、陶芸体験を開いて顧客を呼び込むユニークな団体も現れた。

 釧路ザンタレ隊は、経済人や市議会議員、市職員など官民一体の18人で参加し、明石市役所駐車場会場で、甘酢しょう油ベースの特製タレが特徴の「くしろザンタレ」を提供。「世界三大夕日のまち釧路」や「花粉0のまち」などと書いたパネルの展示、アイヌ文化や釧路市内各地を写真で紹介したパンフレットを配布し地域の魅力をPR。釧路ブースに並んだ人たちは「ザンタレは子供も食べやすいしおいしかった」「関西からLCC(格安航空)1本で釧路に行けるなら行ってみたい」など、味や釧路PRを好意的に受け止めていた。

300人超えの行列も

釧路ブースは開催前から100人以上の長い行列ができ、ピーク時には300人以上が並ぶ人気ぶり。2日間を通して、行列は途切れることなく続き、3個入り300円で、約8000食を提供。想定以上の人気ぶりで、2日目の大会終了前には売り切れとなった。木村隊長は「シルバーグランプリは非常にうれしい。釧路のまちの魅力を関西圏にPRできたことが何よりの収穫。会場に足を運んだ人たちが、釧路に来るきっかけになればうれしい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク