全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

地域デザインで増やす郷土愛 東京藝大生が伊那市で活動

道祖神手拭いとの交換で集めた食材を使い、「しおくの家」で行った昼食交流会

伊那市と東京藝術大学は24日、連携事業「雲の子めぐってお昼ご飯」を同市高遠町で行った。「しおくの家」を拠点にした東京藝大の活動は今年で3年目。地域の文化を掘り起こしたデザインを使って新たな交流の機会をつくり、子どもたちの郷土愛を育てる取り組みが地域で成果を上げつつある。

今回は、ともに大学院美術研究科1年の蔡琴さんと寺岡香織さんが企画。塩供地区にある道祖神に刻まれた花文字をモチーフに院生らがデザインした手拭いを使い、子どもたちが地域を巡って食材と交換した。集まった食材を使って「しおくの家」で昼食を作って食べ、地域の人たちも交えて交流した。

院生らが取り組むデザインやアートで地域を活性化していくプロジェクトの一環で、蔡さんは「人と自然とをどうすれば一緒にできるのかを考えながら絵を描きたい」と話す。押元一敏准教授=描画・装飾=は「ここを拠点に地域活性化に関わり、都会ではできないこうした経験が今後の創作に生かされていくと思う」と期待している。

学生や院生との交流は地域にも歓迎されている。高遠第2・第3保育園と地域の未来を考える会の伊藤岩雄会長は「こうした活動を知って、この地への移住を希望する人もいる。今までのワークショップは子どもたちが対象だったが、今回は大人を交え、地域を挙げて関わることができ、有意義だった」と感想を話した。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク