全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川の桜町連区が大型店舗進出に備え通学路点検

 豊川市八幡地区の大型商業施設イオンモール進出計画を受け、進出地の地元・桜町連区が桜町小学校区の通学路を点検した。子どもたちの安全を確保するため、危険個所や改善案を集約して後日、市に要望する。  鈴川智彦連区長や各区長と、桜町小の小澤慎一校長も参加。桜町や蔵子、小田渕町など連区内の通学路20カ所以上を巡り、現状を確認しながら危険個所を洗い出した。  イオンモールが進出するスズキ跡地は桜町小から北に約700㍍の近さにあり、開業後は来店客による車の交通集中で通学路や生活道路への進入が心配されている。最短で2022年秋とされるオープンまでに危険個所への対策を講じようと、地元住民による点検が行われた。  名鉄・小田渕駅近くのガード下では、車1台しか通れないほどの幅の道路が通学路にもなっており、児童は危険と隣り合わせ。茂みで覆われた部分に歩道を整備する案が持ち上がった。また、白川に架かる裏五六橋付近では通勤・通学時間帯に車や自転車、児童らが往来することも報告され、新たな歩道橋を新設する案も浮上した。  鈴川連区長は「市からは現状で存在する問題に対応していくという答えをもらっている。今のうちからやれることをしておきたい」。毎朝、子どもたちを見守りながら通学路を歩いている小澤校長は「いつ事故が起きてもおかしくない場所もある。イオンモールが来れば今より交通量が増えるので、子どもの安全を最優先に考えていきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク