全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川の桜町連区が大型店舗進出に備え通学路点検

 豊川市八幡地区の大型商業施設イオンモール進出計画を受け、進出地の地元・桜町連区が桜町小学校区の通学路を点検した。子どもたちの安全を確保するため、危険個所や改善案を集約して後日、市に要望する。  鈴川智彦連区長や各区長と、桜町小の小澤慎一校長も参加。桜町や蔵子、小田渕町など連区内の通学路20カ所以上を巡り、現状を確認しながら危険個所を洗い出した。  イオンモールが進出するスズキ跡地は桜町小から北に約700㍍の近さにあり、開業後は来店客による車の交通集中で通学路や生活道路への進入が心配されている。最短で2022年秋とされるオープンまでに危険個所への対策を講じようと、地元住民による点検が行われた。  名鉄・小田渕駅近くのガード下では、車1台しか通れないほどの幅の道路が通学路にもなっており、児童は危険と隣り合わせ。茂みで覆われた部分に歩道を整備する案が持ち上がった。また、白川に架かる裏五六橋付近では通勤・通学時間帯に車や自転車、児童らが往来することも報告され、新たな歩道橋を新設する案も浮上した。  鈴川連区長は「市からは現状で存在する問題に対応していくという答えをもらっている。今のうちからやれることをしておきたい」。毎朝、子どもたちを見守りながら通学路を歩いている小澤校長は「いつ事故が起きてもおかしくない場所もある。イオンモールが来れば今より交通量が増えるので、子どもの安全を最優先に考えていきたい」と話した。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク