全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

五輪食材採用に挑む 士幌高の新商品試食会

 教育の一環で農産物の安全性に対する国際認証「GAP」の取得に取り組んでいる士幌高校(近江勉校長、生徒147人)は23日、来年の東京オリンピック・パラリンピックへの食材提供を目指す新商品の試食会を、帯広市内の満寿屋商店(杉山雅則社長)の麦音で開いた。生徒は開発した商品を来店客に振る舞い、商品化に向け意見を聞き取った。

新商品を来店客に配る士幌高校の生徒

 試食したのはベトナム風サンドイッチの「バインミー」。同校で収穫したニンジンなどの野菜を酢漬けにし、満寿屋商店で特別に作ったパンに挟んだ。

 この商品は、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が主催する「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」に応募している。パラリンピックのベトナム選手のホストタウン・釧路市などと連携して開発を進めてきた。8月ごろからメニューを考案し始め、今月12日に関係者を対象にした試食会で寄せられた意見を参考に、味の改良を重ねて完成させた。

 この日は販売に向け一般消費者を対象に試食会を行い、生徒7人が参加した。「バインミー」のほか「ベトナムコーヒー」や「前田農産ポップコーン」を来店者に配り、味や価格帯などを問うアンケートも行った。

 試食した音更町の団体職員一条世奈さん(19)は「野菜がたっぷり入ってカロリーを気にせず食べられる。また食べたい」、士幌高校1年の女子生徒(16)は「ペッパーソースとスイートチリソースがおいしいという感想をもらえてうれしい。自信になった」と話した。

<GAP>
 農業生産工程管理を厳格な規定に基づいて行う国際認証。士幌高校は3年前から取得を進め、これまでに農産物4品が認証されている。音更のとかち河田ファームと連携し、同ファームが生産する農作物の認証取得も共同で取り組んでいる。

関連記事

荘内日報社

新東北みやげコンテスト最優秀 岡ざきのレトルト「みさきの一軒家」 県内初受..

 東北の新しいお土産品の発掘を目指す「第8回新東北みやげコンテスト」の最優秀賞に、岡ざき(鶴岡市美咲町、岡崎雅也社長)のレトルト食品ブランド「みさきの一軒家」が選ばれた。 同コンテストで最優...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

帯広南商業高校は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受...

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”..

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク