全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

寒風浴び色鮮やか 毛ガニ初水揚げ 十勝港

帰港した漁船から次々と降ろされる毛ガニ(十勝港で)

 冬の味覚として人気の高い毛ガニの試験操業が23日、十勝の沿岸で始まり、広尾町の十勝港では生きのいい毛ガニが初水揚げされた。

 十勝の毛ガニ漁は資源減少などで2006年から試験操業となり、広尾で9隻、大樹で3隻、大津で6隻が操業する。許可期間は来年1月末まで。

 十勝港では午前9時ごろから次々と漁船が帰港し、漁業者が鮮やかな赤色の毛ガニを手際よく市場へ運び込んだ。

 広尾漁協毛がに篭(かご)部会の保志光則部会長は「初日の量は少なかった。今後だんだん良くなることに期待したい」と話していた。

 同漁協によると、価格は水揚げ量が少なかったことから、昨年の1.2~1.5倍の高値傾向という。

 同漁協は12月1日午前10時から、同漁協冷凍工場前の特設会場で、毛ガニ大釜ゆでの実演販売を行う。同8日には「広尾毛がにまつり」(町観光協会主催)がシーサイドパーク広尾で開かれる。

関連記事

宇部日報社

野外彫刻「ロンド」がサンタクロースの衣装に 宇部

 師走に入って、クリスマスの足音が近づく中、ANAクラウンプラザホテル宇部前の野外彫刻「ロンド」が4日、サンタクロースの衣装をまとった。     冬の風物詩の一つとして、宇部文化服装学院が20年...

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク