全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ジャパンオープンで金と銀

金メダルと銀メダルを手に、笑顔の豊橋シンクロナイズドスケーティングクラブの選手たち(チーム豊橋提供)

 日本勢の活躍に沸いた平昌五輪。冬季スポーツが注目を浴びた中、フィギュアスケートの団体種目、シンクロナイズド・スケーティングの豊橋シンクロナイズドスケーティングクラブ(石川郁予代表)が今月、茨城県でのジャパン・オープン大会でマスターズ部門(平均年齢19歳以上)で優勝、ジュベナイル部門(同15歳以下)で準優勝を飾り、メダルラッシュとなった。  会場に流れる音楽に合わせ、複数の選手が氷上を滑り舞う競技。成人女性を含むマスターズは洋楽「What Makes Yоu Beautiful」などの曲に乗って、手や肩をつなぎ一列になって滑る「ライン」や、輪を作って回る「サークル」などの技を披露した。茨城のチームの28・36を大きく上回る34・68をマークし、金メダルをつかみ取った。  小学生らを中心とするジュベナイルもNHK大河ドラマのテーマ曲となった「江~姫たちの戦国」などのリズムに合わせて息の合った演技を見せ、1位に僅差で迫る35・08をマークし、準優勝を果たした。  アクアリーナ豊橋のアイスリンクで練習するチームは、2年前にアテナ豊橋から独立。同大会の2部門に同時に出場するのは2度目だ。近い将来、正式に五輪種目となる可能性もあり、石川代表は「私も含め、シンクロに関わる人が強く願い続けている」と実現に期待した。

関連記事

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。  石垣...

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク