全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

未来に残したい原村の風景 景観計画策定へ中学生が”提案”

原村の風景を未来に残す取り組みについて意見を出し合う原中1年生

 原村の原中学校で21日、1学年キャリア教育「地域を知る」の一環で、特別授業「未来に残したい原村の風景を語ろう」が開かれた。2020年度中に原村景観計画の策定を目指す同策定委員会と連携した。1学年約75人が参加し、クラスごとグループに分かれて、残したい風景や残すためにできることについて意見交換し、村の良さや地域の営みを再確認した。

 村は3年計画で村景観計画と村景観条例の策定を目指しており、今年度は2年目。これからを担う若い世代の意見を計画づくりに反映させようと同校の授業と連携した。信州大学学術研究院の内川義行助教が策定委員長を務めていることから同大学生8人も授業に参加した。

 生徒たちは10月の一日総合の日に村内を歩いて残したい風景を撮影し、「山」「青い空」など1人1枚のポスターにまとめた。授業ではその風景を選んだ理由を紹介し、残すために必要な取り組みについてアイデアを出し合った。

 中込奏太さんは「いつもの通学路から見る、山に囲まれた諏訪の風景を残したい」と話した。同大3年の干川聖香さんは「生徒たちは森林を手入れしないと土が流れてしまう-と話した。中学生からこの知識を聞くことができて驚いた」と話していた。

 同策定委は、生徒から出された意見を今後策定する計画に反映させる予定。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク