全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開かれる。トークショーや高校生、高専生による課題研究のほか、10周年を迎えた鶴岡中央高生によるファッションショー「シルクガールズコレクション」を開催。若い世代が鶴岡の「シルク」の魅力をアピールする。

 鶴岡「サムライゆかりのシルク」推進協議会(会長・皆川治市長)が主催する。2017年に認定された日本遺産「サムライゆかりのシルク 日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ」を軸に、鶴岡に息づく伝統的な地域資源を生かし、将来を担う若者たちの取り組みを紹介するイベントとして企画した。

 10年の節目を迎えたシルクガールズコレクションは、「飛躍」をテーマに設定。10周年記念で初めて繭玉から手作りブーケを制作し、LED(発光ダイオード)ライトを使った「光るブーケ」を披露。鶴岡の四季や観光資源、歴史をイメージしてデザインしたドレス、鶴岡産シルクで制作したウエディングドレスなど約50着を発表。19日は、荘銀タクト鶴岡で本番に向けたリハーサルを行った。

 高校生らの課題研究発表は鶴岡工業高が「ポケットチーフ製作を通した情報発信」、鶴岡中央高が「シルクと鶴岡の食材を使った新メニューの考案と宣伝」、鶴岡高専が「IoTでシルク・エコシステムを構築」のテーマで、それぞれ研究内容と今後の展開事例を発表する。

 トークショーには同市の日本遺産アドバイザーを務める東北芸術工科大の中山ダイスケ学長、慶應義塾大先端生命科学研究所発ベンチャー企業で人工構造タンパク質による新たな繊維素材などの開発、製造を手掛けるスパイバーの関山和秀代表執行役が登場する。

 シルクノチカラは定員1000人。入場無料だが、整理券が必要。整理券は市役所本所、各地域庁舎で配布している。問い合わせは同協議会事務局の市政策企画課=電0235(25)2111、内線526=へ。

10年目を迎える鶴岡中央高生のシルクガールズコレクション。本番に向けリハーサルが行われた=19日、荘銀タクト鶴岡

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク