全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

水しぶきを上げながら海に入る水陸両用観光バス(20日、田辺市磯間で)

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約50人が参加し、バスごと海に入る迫力を味わった。
 同社は、2014年から琵琶湖周辺で水陸両用観光バスを運行。年間約2万3千人の利用があるという。全国展開を目指す中で、世界遺産の熊野古道をはじめ観光資源が豊富にある田辺市周辺に白羽の矢を立てた。
 バスは全長12メートル、高さ3・8メートルで42人乗り。窓にはガラスがなく、参加者は風を感じながら海上の景色を楽しんだ。
 川﨑隆弘社長(62)は「通行には問題がないことが分かり、試乗された方の反応も良かったと思う。後は誘客をどうするかが課題。市場調査をした上で、できれば来年5、6月ごろからの運行を目指したい」と話した。
 事業化すれば、陸では市内と白浜町を周遊し、海上では神島方面を目指す約1時間のコースを考えているという。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク