全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

水しぶきを上げながら海に入る水陸両用観光バス(20日、田辺市磯間で)

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約50人が参加し、バスごと海に入る迫力を味わった。
 同社は、2014年から琵琶湖周辺で水陸両用観光バスを運行。年間約2万3千人の利用があるという。全国展開を目指す中で、世界遺産の熊野古道をはじめ観光資源が豊富にある田辺市周辺に白羽の矢を立てた。
 バスは全長12メートル、高さ3・8メートルで42人乗り。窓にはガラスがなく、参加者は風を感じながら海上の景色を楽しんだ。
 川﨑隆弘社長(62)は「通行には問題がないことが分かり、試乗された方の反応も良かったと思う。後は誘客をどうするかが課題。市場調査をした上で、できれば来年5、6月ごろからの運行を目指したい」と話した。
 事業化すれば、陸では市内と白浜町を周遊し、海上では神島方面を目指す約1時間のコースを考えているという。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク