全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧漁協がサケの採卵作業 来春放流へ期待込めて

サケを採卵、人工授精する漁業関係者=21日午前7時20分ごろ、錦多峰さけ・ますふ化場

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(錦岡)で21日、今季最後のサケの採卵作業が行われた。漁業関係者ら約10人が早朝から、捕獲したサケを選別して人工授精。今季は前年並みの親魚を確保しており、来春の稚魚放流に期待を掛けた。

 胆振管内さけ・ます増殖事業協会(白老町竹浦)からふ化事業を受託し、「育てる漁業」を毎年展開している。錦多峰川のふ化場下流域で「うらい」と呼ばれる、鉄製のおりと柵で構成する仕掛けでサケを捕獲。ふ化場で人工授精後に同協会で稚魚を育て、錦多峰川に放流している。

 今季は8月21日に親魚の捕獲をスタート。ふ化場の蓄養池で魚体の成熟を待ち、9月27日に採卵作業を始めた。ふ化事業の目標は、親魚2万1000匹、授精卵450万粒の確保。親魚は前年実績1万8637匹に対し、今季は21日までに1万8628匹を確保している。

 一方、秋サケ定置網漁の不漁に歩調を合わせ、11月に入ってから親魚の捕獲も不調になり、21日も親魚は17匹しか獲れなかった。全道的にも秋サケ資源は希少で、各地で密漁が摘発されるケースが多発。苫小牧でも官民挙げて警戒体制を強化しながら栽培漁業を推進してきた。

 21日の採卵は午前7時20分ごろから作業を開始。蓄養池の親魚をベルトコンベヤーで採卵室に運び、卵を取り出した後、手際よく雄の精子を掛けた。洗面器のような容器に受精卵をたっぷり入れ、台の上で回転させたり、かき混ぜたりして授精を促した。

 稚魚は成長した来春に放流される。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク