全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

現地の関係者約60人が参加した苫小牧港セミナー

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、現地の港湾・物流関連企業の担当者約60人に苫小牧港をアピールした。

 知名度向上と利用促進に向けて2011年度から毎年アジア圏を中心に開催。苫小牧の港湾関連企業担当者など37人が19日から現地入りしている。

 セミナーでは岩倉市長が、「新たな交流関係を築く絶好のチャンス」とアピール。事務局が苫小牧港の概要をはじめ、東港区で整備中の大型冷凍冷蔵倉庫や小口貨物混載事業の取り組みなどを紹介した。

 現地商社をはじめ、物流や海運企業の担当者ら約60人が出席。日本産の青果などをマレーシアに輸出する事業を手掛け、同国内に事務所を置くSEKAI MARCHE(東京)の杉山亜美社長は、「苫小牧港から小口混載で送るとコストを抑えられる」と関心を寄せていた。

 協議会の一行は同日午前、セミナーに先立ちマレーシア最大のポートクラン港の運営会社を表敬訪問。近隣諸国の中継港としての役割や、コンテナ貨物の取り扱い量が世界12位前後を維持していることなどに理解を深めた。

 21日は午後からシンガポールとの国境沿いにあるタンジュンペラパス港を視察。22日にシンガポール港を訪れた後、帰国する。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク