全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

現地の関係者約60人が参加した苫小牧港セミナー

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、現地の港湾・物流関連企業の担当者約60人に苫小牧港をアピールした。

 知名度向上と利用促進に向けて2011年度から毎年アジア圏を中心に開催。苫小牧の港湾関連企業担当者など37人が19日から現地入りしている。

 セミナーでは岩倉市長が、「新たな交流関係を築く絶好のチャンス」とアピール。事務局が苫小牧港の概要をはじめ、東港区で整備中の大型冷凍冷蔵倉庫や小口貨物混載事業の取り組みなどを紹介した。

 現地商社をはじめ、物流や海運企業の担当者ら約60人が出席。日本産の青果などをマレーシアに輸出する事業を手掛け、同国内に事務所を置くSEKAI MARCHE(東京)の杉山亜美社長は、「苫小牧港から小口混載で送るとコストを抑えられる」と関心を寄せていた。

 協議会の一行は同日午前、セミナーに先立ちマレーシア最大のポートクラン港の運営会社を表敬訪問。近隣諸国の中継港としての役割や、コンテナ貨物の取り扱い量が世界12位前後を維持していることなどに理解を深めた。

 21日は午後からシンガポールとの国境沿いにあるタンジュンペラパス港を視察。22日にシンガポール港を訪れた後、帰国する。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク