全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳空港で新型感染症想定し訓練 国内拡大防止へ手順再確認

 小樽検疫所千歳空港検疫所支所は19日、新型インフルエンザを想定した「検疫感染症措置訓練」を新千歳空港国際線ターミナルビルで実施した。感染症の国内拡大を水際で防止するため、患者の処置や医療機関への搬送方法など対応手順を再確認した。

 同検疫所が例年、インフルエンザの流行期を前に取り組んでいる訓練。千歳署や市消防本部、国土交通省新千歳空港事務所など関係20機関の視察も受け入れ、計約40人が出席した。

 訓練は、海外旅行から帰国した邦人が旅先で新型インフルエンザに感染し、機内で発症したという想定。感染者への対応は検疫法に基づき国の指針に従って行われる。今年の訓練は8月に増築された国際線ビル内で患者搬送の経路を確認する目的も込めた。

 訓練では航空会社から「新型インフル感染が疑われる乗客がいる」と連絡を受けた検疫所職員が機内で患者役に感染拡大防止装置を装着させた上、ビル内の健康相談室へ誘導した設定で開始。ウイルスが漏れ出さない周囲より気圧を低めた診察室で鼻と喉から検体を採取し、約10分で陽性反応を確認した。

 陽性反応を受け、検疫所は患者役の隔離を決定。決定書を患者役に見せ、感染者の情報を指定搬送先の市立札幌病院に伝えた。同行していた配偶者役には同病院への入院、機内で周囲2メートル以内の座席にいた乗客役には10日間にわたる保健所への健康状態の報告を求めた。

 患者役は車椅子ごと乗れる台車でビル出入り口まで移動。台車はウイルス拡散防止へビニールで密閉した。検疫所の搬送車両に乗車すると、実際に千歳署のパトカーが先導し、同病院へ出発した。

 千歳保健所の森昭久所長は「患者発生時の流れを再現できていた。訓練を重ね、手順を間違えないことが大事」と講評。小樽検疫所の辻村信正所長は「来年は五輪で新千歳にも多くの外国人が訪れるので、繰り返し訓練したい」と語った。

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク