全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

アイヌ文様切り絵に挑戦【釧路】

真剣な表情で型紙からアイヌ文様を切り出す園児たち

市が春採湖・阿寒湖周辺で取り組む、アイヌ民族の伝統的生活空間(イオル)再生事業の一環。阿寒湖周辺では今年、ニタイトーの森などに樹木の説明書きを設置したほか、サケの捕獲・放流体験、アイヌ文様刺しゅう体験講座などを実施しており、今回の切り絵教室が今年度の最終事業となる。

 この日は、アイヌの伝統・文化を題材にした絵本「ほら、見てごらん」の読み聞かせが行われた後、園児らが渦巻きなどをあしらった文様が描かれた型紙を使って切り絵に挑戦。阿寒アイヌ教会の下倉絵美さん、鰹屋エリカさん、郷右近富貴子さんが講師を務め、園児らにはさみの使い方や切り取り方などを丁寧に指導した。

 完成した文様はラミネート加工が施され、記念の下敷きとして園児らにプレゼント。海老根心奈ちゃん(5)と志賀日和ちゃん(6)は「思っていたよりも簡単で、すごく上手にできた」と笑顔を見せていた。

 下倉さんは「きょうつくったアイヌ文様が、記憶として心に残ってくれたらうれしい。子供の体験を通じて、大人にもアイヌ文化への理解が深まってくれれば」と話していた。  次年度以降のイオル再生事業は、今年9月に政府が決定した「アイヌ政策推進交付金事業」(釧路市1億3161万円)に移行される。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク