全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川もりあげ隊が「B-1グランプリin明石」出場表敬

 23、24両日に兵庫県明石市で開かれるご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」に出展する豊川市の「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」が19日、市役所で竹本幸夫市長らを表敬訪問し、3年ぶりとなる全国大会でのPRを誓った。  明石大会には全国から55団体が参加。ご当地グルメを通して街の魅力を発信し合う。来場者が投票する割り箸の重さで栄冠を競い、2016年の東京大会以来の出展となる豊川もりあげ隊は、高校生のユース隊員から最高齢69歳まで約40人が現地に赴き「豊川いなり寿司」をPRする。  今回は味覚をバージョンアップさせた五目、ワサビ、白の3種類のいなり寿司を3個入り1パック300円で提供。種類の組み合わせは自由で、トッピングコーナーでは初めて「豊川いなり寿司茶漬け」を振る舞う。試食した竹本市長も「寒い時期に行われる大会なので、温かいものを提供した団体が強いと思う。こういった特色を出せば入賞できるのでは」と期待を込めた。  明石市は国内有数の米の生産地でもあり、もりあげ隊は大会に先駆けて、今年6月に明石市内で田植えに参加。大会では砥鹿神社から衣装を借りた巫女(みこ)に扮した隊員が来場者を迎えたり、150本の「とよかわバラ」を展示するなどして豊川市の魅力を発信する。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク