全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

香りも瓶詰め 十勝ワインヌーボ28日解禁 池田

瓶詰めされた「ヌーボ」に光を当てて、異物混入の有無などをチェックする職員

 今年産ブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2019」の瓶詰め作業が19日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の製造工場で行われた。3000本を製造し、28日に発売する。

 後志管内仁木町で収穫した「ツバイゲルト」が原料。同品種を単独で原料とするのは2年連続。本来は「清見」を原料としていたが、比較的安定した収量が見込めることから昨年、ツバイゲルトに切り替えた。

 工場内では異物の混入状況をチェックした瓶にラベルを貼り、1本ずつ箱詰めした。同研究所は「天候に恵まれ熟期が早く、例年に比べて収穫が9日ほど早かった。品質も良く、味、香りともしっかりしている」と話している。

 「十勝ワイン ヌーボ」は、ボージョレ・ヌーボー(21日午前0時解禁)と同じ製法。国内では最も遅いヌーボーとして人気を集める。1本(720ミリリットル)1386円(税込み)。道内を中心に全国で販売される。

 発売日に合わせて開催している「ヌーボ解禁パーティー」はワイン城が改修中のため、今年は中止した。

関連記事

長野日報社

寒風にさらされ乾燥 茅野市で角寒天作り始まる

冬の寒さを利用した諏訪地方特産の天然の角寒天作りの時期を迎え、茅野市宮川の五味喜一商店で6日、生天を寒風にさらす「天出し」作業が始まった。暖冬といわれる中、少しずつ寒さも増し、天候を見計らい昨年...

年末年始に備え三河ハゼ甘露煮

 今年も年末年始に備え、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まった。  三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸...

紀伊民報社

特産サツマイモ「なんたん蜜姫」でプリン

 和歌山県串本町串本にあるレストラン「サンドリア」が、町特産のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったプリンを開発した。サツマイモの甘みを生かしたしっとりした食感のプリンで、人気商品になっている。 ...

蒲郡ミカン「箱入娘」出荷最盛

 蒲郡市で、露地栽培のブランドミカン「箱入娘」の出荷が最盛期を迎えた。農家が手塩にかけて育てた厳選種。冬場の贈答用として販売している。  箱入娘は温州ミカン「宮川早生」で、畑に白いシートを敷...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク