全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

香りも瓶詰め 十勝ワインヌーボ28日解禁 池田

瓶詰めされた「ヌーボ」に光を当てて、異物混入の有無などをチェックする職員

 今年産ブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2019」の瓶詰め作業が19日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の製造工場で行われた。3000本を製造し、28日に発売する。

 後志管内仁木町で収穫した「ツバイゲルト」が原料。同品種を単独で原料とするのは2年連続。本来は「清見」を原料としていたが、比較的安定した収量が見込めることから昨年、ツバイゲルトに切り替えた。

 工場内では異物の混入状況をチェックした瓶にラベルを貼り、1本ずつ箱詰めした。同研究所は「天候に恵まれ熟期が早く、例年に比べて収穫が9日ほど早かった。品質も良く、味、香りともしっかりしている」と話している。

 「十勝ワイン ヌーボ」は、ボージョレ・ヌーボー(21日午前0時解禁)と同じ製法。国内では最も遅いヌーボーとして人気を集める。1本(720ミリリットル)1386円(税込み)。道内を中心に全国で販売される。

 発売日に合わせて開催している「ヌーボ解禁パーティー」はワイン城が改修中のため、今年は中止した。

関連記事

長野日報社

「紫輝」広がる香りと笑顔 長野県宮田村で解禁祝うワインまつり

 長野県宮田村の特産ワイン「紫輝」の新酒の解禁に合わせた「ワインまつり」が25日、JR飯田線の宮田駅前周辺であった。県内外から約500人が来場し、村内で栽培、収穫されたヤマブドウ「ヤマソービニオ...

長野日報社

南箕輪村の特別栽培米「風の村米だより」飲食店で提供 魅力と味PR 長野県

長野県南箕輪村で生産される特別栽培米「風の村米だより」が6月から、村内の飲食店9店舗で提供される。地産地消と認知度向上を促進する村の新たな試み。参加店はそば店や焼き肉店、居酒屋、ラーメンやどん...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク