全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

飯島町文化館の玄関ホールに積み上げられた400個の米俵

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵を飾った。今年作った400個をピラミッド形に積み上げ、公開している。

実行委によると、今年は過去最高の約950人がエントリー。出場予定者は北海道から大分県まで全国各地に及んだ。今年も町文化館を発着点に、3・4キロ、5キロ、10キロの3コースで、担ぐ米俵の重さ(1、3、5、10キロ、米俵なし)に応じた計18種目を競う。米俵は一つが直径約23センチ、長さ約45センチ。同大会の出場経験者は過去に使った米俵を持参して走るという。

当日は文化館横を午前11時から順次、各種目がスタート。今年はゲストランナーに、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で「2代目山の神」とも言われた柏原竜二さん=富士通=を迎える。

関係者ら14人が町文化館に積み上げた米俵の高さは最大で3メートル。米俵マラソンの発案者で、大会事務局の酒井裕司さん(44)は「1年間をかけて手作りした米俵を多くの方に見てほしい」と呼び掛け、「当日はランナーも沿道で応援する方も楽しめる大会にしたい」と話している。問い合わせは実行委事務局(電話090・3349・0888)へ。

関連記事

北羽新報社

能代市の日吉神社で「嫁見まつり」 華やか花嫁行列 幸せ願い参詣

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」が27日に行われた。県内外から参加した11人の女性が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲...

石垣島の美しい海を満喫 台湾蘇澳鎮・地元の子どもたち シュノーケリング体..

 小中学生教育交流事業の一環で石垣市を訪れている台湾蘇澳鎮の児童生徒らは26日、ホームステイ先の小中学生とともに白保の海岸でシュノーケリングを体験し石垣島の海を満喫した。  交流事業には、...

長野日報社

長野県伊那市「地域おこし協力隊」制度導入10周年 28日に記念フェス

長野県伊那市と市地域おこし協力隊は、制度導入から10周年となったことを記念し、協力隊と市民の交流イベント「伊那市地域おこし協力隊フェス2023」を28日午前9時から同市西箕輪の農業公園みはらし...

長野日報社

「諏訪龍神の舞」 高島城祭に向け演舞に磨き 長野県諏訪市

長野県諏訪市で28日に開く高島城祭に向け、同市本町2丁目の有志らが受け継ぐ「諏訪龍神の舞」の練習が熱を帯びている。新型コロナウイルスの影響で中止、規模縮小が続き、祭りの通常開催は4年ぶり。地域...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク