全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

飯島町文化館の玄関ホールに積み上げられた400個の米俵

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵を飾った。今年作った400個をピラミッド形に積み上げ、公開している。

実行委によると、今年は過去最高の約950人がエントリー。出場予定者は北海道から大分県まで全国各地に及んだ。今年も町文化館を発着点に、3・4キロ、5キロ、10キロの3コースで、担ぐ米俵の重さ(1、3、5、10キロ、米俵なし)に応じた計18種目を競う。米俵は一つが直径約23センチ、長さ約45センチ。同大会の出場経験者は過去に使った米俵を持参して走るという。

当日は文化館横を午前11時から順次、各種目がスタート。今年はゲストランナーに、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で「2代目山の神」とも言われた柏原竜二さん=富士通=を迎える。

関係者ら14人が町文化館に積み上げた米俵の高さは最大で3メートル。米俵マラソンの発案者で、大会事務局の酒井裕司さん(44)は「1年間をかけて手作りした米俵を多くの方に見てほしい」と呼び掛け、「当日はランナーも沿道で応援する方も楽しめる大会にしたい」と話している。問い合わせは実行委事務局(電話090・3349・0888)へ。

関連記事

大自然ゆったり満喫 石垣島ライドに303人

 グレートアース石垣島ライド2019(同実行委員会主催)が8日、石垣市新川の舟蔵児童公園を発着点に行われ、100㌔と55㌔の2部門に島内外から303人が参加、自転車を走らせながら石垣島の大自然を満...

「じてんしゃのまち新城」バナー作りPR

自転車イベントでお披露目  2026年に県内で開かれる第20回アジア競技大会で自転車競技ロードレースの会場候補地となっている新城市は、大会とまちをPRするバナーを作った。「じてんしゃのまち ...

銘菓・ピリカコタンの包装「総選挙」 チラシや店頭で投票 芽室・まさおか

 芽室町内の老舗菓子店「お菓子のまさおか」(東1ノ2、正岡崇社長)は12月6日から「ピリカコタン総選挙」と銘打ち、販売55周年を迎えた代表的な菓子「ピリカコタン」の新パッケージを4案の中から投票で...

毛がに 輪投げでゲット 12月8日 「広尾毛がにまつり」

 大釜でゆでた旬の毛ガニを販売する「広尾毛がにまつり」が12月8日午前9時から午後2時まで、シーサイドパーク広尾で開かれる。今回は第50回。輪投げでとらえた活ガニをもらえる初のイベントなどで節目を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク