全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

飯島町文化館の玄関ホールに積み上げられた400個の米俵

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵を飾った。今年作った400個をピラミッド形に積み上げ、公開している。

実行委によると、今年は過去最高の約950人がエントリー。出場予定者は北海道から大分県まで全国各地に及んだ。今年も町文化館を発着点に、3・4キロ、5キロ、10キロの3コースで、担ぐ米俵の重さ(1、3、5、10キロ、米俵なし)に応じた計18種目を競う。米俵は一つが直径約23センチ、長さ約45センチ。同大会の出場経験者は過去に使った米俵を持参して走るという。

当日は文化館横を午前11時から順次、各種目がスタート。今年はゲストランナーに、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で「2代目山の神」とも言われた柏原竜二さん=富士通=を迎える。

関係者ら14人が町文化館に積み上げた米俵の高さは最大で3メートル。米俵マラソンの発案者で、大会事務局の酒井裕司さん(44)は「1年間をかけて手作りした米俵を多くの方に見てほしい」と呼び掛け、「当日はランナーも沿道で応援する方も楽しめる大会にしたい」と話している。問い合わせは実行委事務局(電話090・3349・0888)へ。

関連記事

長野日報社

特急あずさ55周年でスタンプラリー 長野県上諏訪駅は独自の台紙3種類

 長野県諏訪地方と首都圏を結ぶJR中央線の特急「あずさ」号が今月12日に運行開始55周年を迎える。東日本旅客鉄道は1日から主要各駅でオリジナルスタンプのラリーやグッズ販売などのイベントを催す。JR...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

長野日報社

中ア山麓の酒造り紹介 オンラインで「美酒フェスタ」

 長野県の中央アルプス山麓で育まれた酒を味わう「第15回中央アルプス山麓美酒フェスタ」(実行委員会主催)が27日夜、オンライン形式で開かれた。地元酒造メーカー4社の代表が、各酒蔵の紹介や造り手によ...

荘内日報社

12年に1度「神主舞」奉納(出羽三山神社新嘗祭)丑歳御縁年農作物順調な収穫..

 出羽三山神社(宮野直生宮司)の新嘗(にいなめ)祭が23日、鶴岡市の羽黒山頂の合祭殿で行われた。  新嘗祭は、農作物が順調に収穫できたことを感謝する祭り。五穀豊(ほう)穣(じょう)を祈願する...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク