全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

実物大にびっくり 巨大マグロのモニュメント

勝浦漁港にぎわい市場に設置された巨大マグロのモニュメント(那智勝浦町で)

 和歌山県那智勝浦町にある「勝浦漁港にぎわい市場」で16日、同漁港で水揚げされた過去最大のクロマグロをもとに制作した、実物大のモニュメントがお目見えした。観光客らが「大きくてびっくり」などと迫力に驚いている。
 このクロマグロは重量450キロ、全長274センチで、同漁港では過去最重量。2018年3月12日、宮崎県のマグロはえ縄漁船「漁安丸」が水揚げした。
 町や町内漁業関係者でつくる「町水産振興会」(片谷匡会長)が、過去最大のクロマグロをより多くの人に知ってもらいたいと、田辺市中辺路町西谷の造形作家、石田貴志さん(44)に制作を依頼した。  石田さんは9月中旬から制作を開始。写真などを参考にしながら発泡スチロールで原型を作り、繊維強化プラスチック(FRP)でコーティングしたり、塗装をしたりして今月上旬に仕上げた。重さは40キロほど。
 モニュメントは、にぎわい市場の入り口そばに展示され、早速、観光客らがスマートフォンなどで撮影。実家に帰省中に母と訪れたという大阪市の高谷和恵さん(43)は「クジラみたいに大きくてびっくり。インスタ映えしそう」と笑顔を見せた。
 石田さんは「クロマグロの質感をリアルに表現することにこだわった。150点の出来栄えだと思う。ぜひ多くの人に見てもらいたい」。堀順一郎・那智勝浦町長も「マグロの町をPRするのによいモニュメントができた。大きさを実感していただき、写真を撮って拡散してもらえたらうれしい」と話していた。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク