全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

実物大にびっくり 巨大マグロのモニュメント

勝浦漁港にぎわい市場に設置された巨大マグロのモニュメント(那智勝浦町で)

 和歌山県那智勝浦町にある「勝浦漁港にぎわい市場」で16日、同漁港で水揚げされた過去最大のクロマグロをもとに制作した、実物大のモニュメントがお目見えした。観光客らが「大きくてびっくり」などと迫力に驚いている。
 このクロマグロは重量450キロ、全長274センチで、同漁港では過去最重量。2018年3月12日、宮崎県のマグロはえ縄漁船「漁安丸」が水揚げした。
 町や町内漁業関係者でつくる「町水産振興会」(片谷匡会長)が、過去最大のクロマグロをより多くの人に知ってもらいたいと、田辺市中辺路町西谷の造形作家、石田貴志さん(44)に制作を依頼した。  石田さんは9月中旬から制作を開始。写真などを参考にしながら発泡スチロールで原型を作り、繊維強化プラスチック(FRP)でコーティングしたり、塗装をしたりして今月上旬に仕上げた。重さは40キロほど。
 モニュメントは、にぎわい市場の入り口そばに展示され、早速、観光客らがスマートフォンなどで撮影。実家に帰省中に母と訪れたという大阪市の高谷和恵さん(43)は「クジラみたいに大きくてびっくり。インスタ映えしそう」と笑顔を見せた。
 石田さんは「クロマグロの質感をリアルに表現することにこだわった。150点の出来栄えだと思う。ぜひ多くの人に見てもらいたい」。堀順一郎・那智勝浦町長も「マグロの町をPRするのによいモニュメントができた。大きさを実感していただき、写真を撮って拡散してもらえたらうれしい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク