全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「パンのおうさま」3作目 帯広出身えぐちさん

特徴的な装丁の「パンのおうさまとおきさきさま」(右)を出版したえぐちさん

 帯広市出身のアートディレクター・アーティストえぐちりかさん(東京都在住)は、絵本シリーズの第3作「パンのおうさまとおきさきさま」(小学館)を出版した。ぬくもりあふれる絵とストーリーで、甘酸っぱい恋の物語を描いた。

 えぐちさんは帯広緑丘小、帯広第五中、帯広柏葉高などを経て、2004年に多摩美術大大学院工芸科を修了。同年から大手広告会社電通のアートディレクターを務める。現在は、人気グループ嵐の初の展覧会「ARASHI EXHIBITION JORNEY」のアートディレクションなどを担当。青山学院大学えぐちりかラボ非常勤教員。

 絵本「パンのおうさま」は14年に第1作を発売。好評を得て、17年に第2作「パンのおうさまとシチューパン」を発表した。子どもっぽくも独創的なアイデアを思いつく魅力的なおうさま、短くキャッチーな言葉などが人気を集め、累計発行部数は6万部を超える。

 編集者からは早期の続編出版を求められたが、本業が多忙の上、9歳から2歳までの3人の子育て中で、制作に当てる時間は限られる。絵を描いていると子どもが寄ってくるため、東京の自宅では原画制作に必要な絵の具が使えない悩みがあった。

 そこで、今年の正月に帯広の実家に帰省した際に父母に子どもの面倒を見てもらい、原画を集中して書き上げた。えぐちさんは「大好きな満寿屋のパンを食べながら、自分の部屋で絵本を描くのは至福の時間」と笑顔を見せる。

 今作は夕焼けなどを丁寧に描き、言葉とともにおうさまの気持ちを表現した。パンでできたベッドや丘なども登場し、「パンは食べるのが当たり前だが、違った形にすることで子どもの発想力が育つのでは」と話す。

 絵本は食パンの形をした装丁が特徴で、今回は恋の物語に合わせ、イチゴ色に。1作目のココア色、2作目のカボチャ色と合わせ、インテリアとして飾ることも想定した。えぐちさんは「クリスマスシーズンに向け、ギフトにも最適。今後は年1冊ペースで絵本を出したい」と話している。

 1100円(税別)。書店の他、満寿屋商店を含むパン屋やセイコーマートの一部店舗などでも販売する。

関連記事

紀伊民報社

白良浜に「光の公園」 イルミネーション点灯

 和歌山県白浜町の白良浜で1日、イルミネーションの点灯が始まった。カラフルな「光の公園」が観光客らを迎えている。点灯時間は午後5時~10時。来年1月31日まで。  冬場の観光客誘致などを目的に、...

荘内日報社

酒田台町かいわい 施設・旧跡4カ所ライトアップ

 数多くの飲食店が軒を並べ、「混雑のあまり肩がぶつかり、まっすぐ歩けなかった」と回顧する人がいるほど市民らでにぎわい、港町・酒田の繁栄の象徴だった台町かいわい(日吉町一丁目、同二丁目、船場町一丁目...

旧虎杖中校舎 「森の工舎」に ナチュラルサイエンス 自然と科学のミュージアム..

基礎化粧品メーカーのナチュラルサイエンス(本社東京)は2日、白老町虎杖浜の同社工場敷地「ナチュの森」の一角に建つ旧虎杖中学校の校舎を改装し、親子で楽しめる文化施設「自然と科学のミュージアム 森の工...

大樹の養殖マス大半死滅 しけ直撃、不運3年続き

 大樹町内の旭浜漁港で試験的に養殖されているサクラマスは、先週末にしけの直撃を受け、大半が出荷できない状態になってしまった。同事業は一昨年、昨年も不調に終わり、「三度目の正直」と臨んだ今期だっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク