全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

中国向け精米輸出の薫蒸倉庫 酒田港の上屋追加

中国政府の認可が決まった酒田港西ふ頭くん蒸上屋

 農林水産省は中国との間で、同国向け日本産精米を輸出できる国内の薫蒸倉庫として、新たに「酒田港西ふ頭くん蒸上屋」(酒田市大浜一丁目)を含む全国の5施設を追加することで合意したと発表した。酒田港からの県産米輸出に向け、地元関係者が認可を働き掛けていた。ただ、一緒に働き掛けていた県内の精米工場はまだ認可されていないため、関係者は「一歩前進したが、引き続き県内の精米工場の認可に期待したい」としている。

 9日の日中首脳会談に基づく合意で、発表は同日付。中国に日本産精米を輸出するには、日本政府が指定・登録した施設で、かつ中国側に認可を受ける必要があるが、これまで中国側が認可したのは、いずれも神奈川県内にある精米工場1カ所と薫蒸倉庫2カ所のみで、米輸出は横浜港から行われていた。

 発表によると、今回は新たに、精米工場2カ所(北海道石狩市、兵庫県西宮市)、薫蒸倉庫5カ所(北海道小樽市2カ所、酒田市、兵庫県神戸市、熊本県八代市各1カ所)を追加することで合意した。

 県港湾事務所などによると、酒田港西ふ頭くん蒸上屋は1994年10月、主に牧草を輸入するために整備されたが、その後は利用業者の組織統合などのためほとんど使われなくなり、2011年9月の利用を最後に、今は全く使われていない。日本政府は11年5月、同施設を中国向け米輸出を行う国内薫蒸倉庫に指定。その後、昨年6月には庄内開発協議会が自民党の二階俊博幹事長に緊急要望に出向くなど、地元関係者が中国側の認可を得られるよう働き掛けていた。

 ただ、今回は、一緒に働き掛けてきた全農ライフサポートのパールライス山形精米工場(天童市)の認可は見送られた。

 県港湾事務所では「酒田港からの精米輸出に向け、くん蒸上屋が認可になるのは一歩前進。しかしまだ精米工場が認可されておらず、引き続き働き掛け、認可が得られることに期待したい」としている。

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク