全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

中国向け精米輸出の薫蒸倉庫 酒田港の上屋追加

中国政府の認可が決まった酒田港西ふ頭くん蒸上屋

 農林水産省は中国との間で、同国向け日本産精米を輸出できる国内の薫蒸倉庫として、新たに「酒田港西ふ頭くん蒸上屋」(酒田市大浜一丁目)を含む全国の5施設を追加することで合意したと発表した。酒田港からの県産米輸出に向け、地元関係者が認可を働き掛けていた。ただ、一緒に働き掛けていた県内の精米工場はまだ認可されていないため、関係者は「一歩前進したが、引き続き県内の精米工場の認可に期待したい」としている。

 9日の日中首脳会談に基づく合意で、発表は同日付。中国に日本産精米を輸出するには、日本政府が指定・登録した施設で、かつ中国側に認可を受ける必要があるが、これまで中国側が認可したのは、いずれも神奈川県内にある精米工場1カ所と薫蒸倉庫2カ所のみで、米輸出は横浜港から行われていた。

 発表によると、今回は新たに、精米工場2カ所(北海道石狩市、兵庫県西宮市)、薫蒸倉庫5カ所(北海道小樽市2カ所、酒田市、兵庫県神戸市、熊本県八代市各1カ所)を追加することで合意した。

 県港湾事務所などによると、酒田港西ふ頭くん蒸上屋は1994年10月、主に牧草を輸入するために整備されたが、その後は利用業者の組織統合などのためほとんど使われなくなり、2011年9月の利用を最後に、今は全く使われていない。日本政府は11年5月、同施設を中国向け米輸出を行う国内薫蒸倉庫に指定。その後、昨年6月には庄内開発協議会が自民党の二階俊博幹事長に緊急要望に出向くなど、地元関係者が中国側の認可を得られるよう働き掛けていた。

 ただ、今回は、一緒に働き掛けてきた全農ライフサポートのパールライス山形精米工場(天童市)の認可は見送られた。

 県港湾事務所では「酒田港からの精米輸出に向け、くん蒸上屋が認可になるのは一歩前進。しかしまだ精米工場が認可されておらず、引き続き働き掛け、認可が得られることに期待したい」としている。

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク